【かぐや様は告らせたい考察】最終回はまだ先!?春休み以降も継続か!? | 二次元感想レビュー録

【かぐや様は告らせたい考察】最終回はまだ先!?春休み以降も継続か!?

 

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(147話)より引用◇

かぐや様は告らせたい147話のラーメン回で新たな情報が開示された。

次回のラーメン物語は春休みにあるという。

正直これも楽しみではあるのだが、この記事で書きたいのは本作の物語そのもの。

つまり、作中の時期で春休みも描かれるということに着目している。

本来漫画のラブコメは、一学年だろうが二学年だろうが三月の卒業式を目途に話が終わる作品が多い。

本作もそうなのだろうと筆者は考えていた。

しかし春休みが描写されるということは、三学年編も突入する可能性が高くなった証ではないだろうか。

147話現在では冬休み。まだ未確定であるが、最終回はまだずっと先のような気がしてならない。

1 三年生の十月までか

会長は海外の大学に飛び級で入学するという。

三年生の十月。他の三年生よりも五か月ほど早く卒業していく。

最終回はその時期になるのではないか。

他のラブコメなら作中の一ヶ月を数話で終わらせる作品もあるぐらいだが、

この作品はだいぶ時期の変わりが緩やかである。

かぐや(氷)編、石上編と冬休みだけでもう三ヶ月近く連載しているのだ。

最終回が三年生の十月だとすれば、まだリアル世界では延々と続けられるのではないか。

2 後日談の可能性

とはいっても、藤原の視点であるラーメン編が作中時期の春休みに確定しただけである。

つまりまだメインの話、会長とかぐやの話は何の情報も開示されていない。

ラブコメのセオリー通り、三月までの可能性は充分にある。

ラーメン編は短編の話であり、後日談にしても何も違和感はない。



3 関係の上限は見えている

かぐやと会長の関係は順調に進んでいる。

キスも二度すませており、147話現在冬休みデート間近。

あとは告白のみとなり、そして三学期にはイチャイチャしまくっている。

「告らせたい」のタイトル通りにいくなら、終着は告るまでとなる。

既に上限が見えているのだ。

三年生の十月までの長期の期間があるということで、変化のない描写をすることになるのではないか。

そう考えるなら三月が妥当ではある。

後はセ○○○までの過程を描く事を期待するしかない。

4 終わりに

何にせよ、まだまだ続いて欲しいと言うのが筆者の願いである。

長引かないとしても、まだ三学期が残っている。

それでも長い連載になる事は確かであるはず。

今後も「かぐや様は告らせたい」注目したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です