【るろうに剣心北海道編:考察(2)】敵勢力剣客兵器9人に対して、剣心勢力はこの9人でほぼ確定!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【るろうに剣心北海道編:考察(2)】敵勢力剣客兵器9人に対して、剣心勢力はこの9人でほぼ確定!?【ネタバレ込】

※2019年4月4日に改稿しました。

※15話で部隊将なるものが現れ、部下も想定すると推定三十人以上います。九人ではありません。

先鋒、次鋒と次々に姿を現す剣客兵器。

合わせて9人。まだ増えるのかは不明だが、一応大体のメンバーは揃ったと見ていいだろう。

だが向こうに対して剣心側は全然少ない。

なにせ絶対に確定しているのは剣心と左之助のみである。

これから味方として戦う可能性のある者を列挙していく。

1 斉藤一と明日郎

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(6話) より引用◇

斉藤は現在負傷して戦線離脱しているが、今後加わってくる可能性が高い。

誇り高い狼の牙ははあれしきのことで折れてはならないのだ。

それにあれでもう未登場は呆気なさすぎる。消化不良も良いところだ。

個人的には凍座白也との決着は剣心ではなく斉藤に付けてもらいたい。

敗者が強くなり勝利を手にする。その方がきっと物語的にも盛り上がるだろう。

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(6話) より引用◇

こちらもほぼ確定。これだけ思わせぶりにフラグを立てておいて、何も活躍しませんでしたじゃ成立しない。

白也も志々雄の後継者がいてくれたらいいのに、と心のなかでぼやいていた。

ただ気になるのは、今のところ無限刃を抜刀できないという点だ。抜けば剣心に没収されてしまう。武器なしで戦うには厳しい。

守るためになら剣心も納得してくれるだろうか。

るろうに剣心北海道編の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


るろうに剣心北海道編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 四乃森蒼紫、比古清十郎、雪代縁

 

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(8話) より引用◇

可能性は高くはないが低くもない三人。話題に上がったため、候補として。

蒼紫。手紙でも出せば普通に参上してくれると予想できる。人謀編でもすぐに駆け付けて来てくれた実績がある。

問題は距離。京都に住んでいるため、北海道はものすごく遠い。現代なら飛行機で行く距離だ。手段としては航路か?

師匠。蒼紫と同じ理由。十本刀戦でも地図すらない状況で参戦したことから。でも師匠だったら一人で全滅させそう。

縁。一番可能性が低い。どこで何しているかも検討がつかない。まともに飯を食えているのだろうか。

ここまで計七人。

13話で蒼紫と師匠の登場は確実とは言えなくなった。

蒼紫は任務。師匠は土探し美酒巡り。

しかし遅れて登場するのだと信じている。

特に師匠は偶然にも北海道にたどり着く気がしないまでもない。

3 安慈、瀬田宗次郎

安慈は九話でほぼ確実となった。

剣客兵器の襲撃より昨日。杉村義衛(永倉新八)に護送されてニアミスで対峙しなかった。

函館に向かっている以上、剣心達と遭遇する可能性は高い。

瀬田宗次郎はまだまともに登場を仄めかす描写はない。

ただ志々雄編終了時、北に行くと口にしていたことから可能性はなくはない。

深く関わってきそうなのは明日郎だが、どんな邂逅をするのだろう。

※11話で瀬田宗次郎の参戦が確定となりました。

4 張、鎌足、蝙也

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(14話) より引用◇

14話で追加された新たな戦力。

意外な三人。思えば明治政府に従っているのだから、登場する可能性は充分にあった。

特に張なんかは人誅編で斉藤と一緒に仕事していた事からも納得と言える。

蝙也がいるのは不謹慎だが少し笑える。弥彦に負けた時の事を考えると大丈夫かと言わざるを得ない。

けれどお試しとは言え剣心と左之助の攻撃を受け止めているのだから、強いのだろう。

斉藤には雑魚扱いされている三人。活躍の機会は巡ってくるのか。明日郎達の戦闘指南役としての立場を確立させる予感もする。

蒼紫、師匠、弥彦が来るまでのつなぎではない事を祈るばかりである。

5 終わりに

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(8話) より引用◇

以上九人。ぴったりである。杉村義衛(永倉新八)も縁と入れ替わりで参戦の可能性があるが、正直そのことには懐疑的だ。何しろ新キャラ枠で、戦闘描写はまだない。

14話で参戦が確実なモノとなった。初見で宗次郎に縮地を出させようとしていた辺り、実力は計り知れない。

新撰組二番隊組長。最も活躍した組長としての威厳を見せられるか。尚、本人は剣心以上に利益や権力にはどうでもよさげである。

斉藤一の指南役ということもあり得る。斉藤は今の強さでは、勝てないような気がするからだ。状況も天翔龍閃習得前の剣心と酷似している。

剣心にとっての比古清十郎であるように、斉藤一にとっての永倉新八になるのかもしれない。

以上10人と登場未定枠4人(蒼紫、師匠、弥彦、縁)。阿爛と旭は戦力に数えてない。

結構増えてむしろ剣客兵器の方が足りなくなってきたが、一体一の状況になるとは限らないか。

敵が増えるのか、誰か戦闘不能になるのか。

るろ剣オールスターで敵を迎え撃つ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です