【ネタバレ感想】娘の友達(10話):絆創膏は目印の表示!? | 二次元感想レビュー録

【ネタバレ感想】娘の友達(10話):絆創膏は目印の表示!?

 

 

 

 

◇萩原あさ美先生:娘の友達(10話より)◇

晃介の家庭環境は順調とは言えない。だが今回の美也との一件も、前向きに捉えられるようにまで精神は安定している。

そして、夜の公園で近況を報告する晃介に古都は再び絆創膏を渡す。

キャラクターがプリントされた絆創膏。何となく後ろめたくて、二枚重ねにしていたままである。

察しているのか、気づいていないのか。古都は笑うだけだった。

1 夢犬……そして―――

古都は眠りにつき、夢を見ていた。母親に叩かれた頬は腫れたまま。

そこはどんな場所かは例えられない。

ただ古都の着ている服がワンピースだったこと、白い空間であったことからおそらく悪夢ではないだろう。

その夢には古都以外にも柴犬が登場している。彼女の周りをうろちょろしている。

撫でられると気持ちよさそうな様子。その後、後ろ足を上げ小便をした。

狙ったのか偶然なのか、小便が古都の足にかかる。

古都は無表情で犬の顔を見つめている。

夢はそれで終了。寝ている彼女の側には母親がいて、携帯のパスコードを入力している。

操作画面には辿り着けない模様である。

どういうことなの?

話は一端逸れる。この夢の気づきである。

最初に言っておきたいと思う。どういうことなの?

この記事を見ている方は、第1巻をご覧に頂いていること前提で話を進める。

柴犬は晃介である可能性はないだろうか。

古都は1巻で晃介のことを「子犬っぽい」と言っているのだ。

つまり小便をかけているのも………え?

就寝中に尿意がくると、それに関係した夢が出てくるのは筆者も体感したことがある。

古都の夢はどっちなのか。ちなみの今話では明確な答えは出ていない。

想像にお任せしますということなのか。

「娘の友達」最新刊を無料で読む


【娘の友達】最新刊が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 晃介は古都に感謝する

元妻の仏壇で美也のことを守ると誓う晃介。

先日の暴れていたことに対してショックを引きずっていないことを自覚する。実際、部屋越しではあるが美也に話しかけられている。

この変化は古都のおかげである。彼女のおかげで自分を取り巻く厳しい環境にも向き合えている。

古都からのライン。夕方会えますか。

晃介は自分には彼女が必要なのかもしれないと思った。



絆創膏

夕方の公園で晃介は古都と待ち合わせをする。

話題はもちろん美也のこと。テスト範囲のノートと学校行事のプリントを晃介に渡すのが古都の目的である。

そして美也の様子も聞いてくる。

晃介はありのままを話す。言い合いになったこと。でも本音で話せていたこと。

加えて自分の至らない点と向き合えるようになったことを言い、古都にお礼を言う。

古都は柔らかく微笑む。それは良かったと。

話題転換。古都は指の火傷の具合を聞く。

晃介は未だ二枚重ねにしており、年甲斐もなくはしゃいでいたことも言えずどもった。

やや強引に絆創膏を剥いで具合を確認しようとする古都。そんなに照れなくてもいいじゃないですかと言う。

そして二枚重ねに古都は気づき控えめに笑う。これでは絆創膏の意味がない。

晃介は自分の考えを見抜かれなかったことに安堵し、ぎこちなく笑い返す。

再び絆創膏を渡し張り直したのだった。

終わり。

3 感想

夢の話が気になる。しかしそれ以外は落ち着いた内容であった。現実でも犬の姿があったが気にしていけないと思う。

晃介の成長と進歩が見られたのは良かった。中年男性でも不出来な部分はあるのは妙にリアリティがある。

そろそろ晃介と古都の恋愛描写が見てみたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です