【展開予想】もののがたり(56話):反撃開始は不吉の予兆!?兵馬と婚礼調度の不利は変わらない!? | 二次元感想レビュー録

【展開予想】もののがたり(56話):反撃開始は不吉の予兆!?兵馬と婚礼調度の不利は変わらない!?

 

 

 

 

 

 

 

もののがたり55話で八衢家との戦いが確定となった。

当主自ら唐傘に与すると発言した以上もう後戻りできず、
勝って生きるか負けて死ぬかの二択しかない。

兵馬とぼたん、婚礼調度の平穏な日々はもう少し先のようである。

もののがたり56話では戦いの目蓋が切って落とされる。

八衢黒檀と兵馬。
婚礼調度と紅緋。
封印から解放された凶暴な付喪神達。

かつてない乱戦の中、勝利を手にするのはどの陣営か。

1 兵馬VS黒檀

塞眼御三家の一つ、八衢家当主ともあって黒檀の実力は計り知れない。
加えて今は付喪神でもあるため、「物」としての特性も持ち合わせているだろう。
何よりも実践経験の数は、20過ぎの兵馬とは比較にならない。

経験、手数、性能。どれも未知数で、情報が一部不足している。

凶暴な付喪神達が跋扈し魔窟となった戦場。目の前の敵を叩けば良いと言うわけでもない。

戦闘力はなく疲弊した辻白百合を守りながら、戦わなければならない可能性だってある。

そもそも兵馬は囚われの身であった。体力気力共に万全の状態とは思えない。

圧倒的に兵馬に不利がある。戦いは厳しいモノになるのではないか。

2 婚礼調度VS紅緋

兵馬に比べて幾分かは有利であろう婚礼調度。

体力はもちろん、主であるぼたんを守る使命もあって気力も昂っている。

紅緋と相対する者、ぼたんを守る者、解放された付喪神の相手をする者、と役割分担が可能となる。

戦力は最も充実している。楽観はできないが堅実に戦う事ができるだろう。

門守代表や他の塞眼も異変に気づいて増援に来てくれる可能性もある。そうなれば、兵馬の援護にも行けるのではないか。

だが、気になるのは敵の増援。

著者:オニグンソウ

※本記事にて掲載されている画像は「『もののがたり』・ウルトラジャンプ・2019年3月号」より引用しております。

3 唐傘勢参入の可能性

唐傘に与している以上八衢家を見張っている可能性が高く、
機を窺って近く潜んでいる場合も想定できる。

八衢黒檀は元人間で目的は別にあるのだ。完全に同胞というわけでもない。

ぼたんもいて不意を打つ絶好の戦況。場は整い過ぎている。

疲弊した敵を横から叩く腹積もりなら、高確率で目的を果たす事ができると言える。

何より有利なのが解放された付喪神達と交渉が出来る事。

逃がす手伝いをしてやるから婚礼調度だけを狙え、とか言いそうである。

4 状況は兵馬達が不利

岐家や椿といった精鋭が来れないのが痛い。とても門守代表達の援軍で足りるとは思えない。

戻る前に急いで婚礼調度の処刑を始めようとした黒檀の判断は正しかったと言える。

ぼたんがもう一度現人神として覚醒すれば、打破できるかもしれないが再び戻れるとは限らない。

だが、状況からして婚礼調度の誰かが消滅してからの覚醒は容易に想像できる。

今回は兵馬の声も聞かず、何処かに行ってしまうという展開も考えてしまう。

何にせよ兵馬達の反撃開始となった55話だが、あまり良い流れではないような気がしてならない。

終了。

もののがたりの最新話が掲載されているウルトジャンプを無料で読む


もののがたり【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでウルトラジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です