【単行本感想】恋を知らない僕たちは(5巻):藤村小春は元鞘に戻る!?直彦と泉の中学生編! | 二次元感想レビュー録

【単行本感想】恋を知らない僕たちは(5巻):藤村小春は元鞘に戻る!?直彦と泉の中学生編!

 

 

 

 

 

◇恋を知らない僕たちは(5巻) より◇

『恋を知らない僕たちは』第5巻の感想。

表紙は瀬波太一。正直彼が6番目で、5番目は藤村だと予想してた。重要な見せ場は後者の方が多かったから。

何故なら英二に別れを宣告し、前の彼氏「タカくん」とよりを戻してデートなんかしているのである。衝撃以外の何物でもない。

藤村を例にあげたが、英二のキスから6人の関係は変わっていっている。良くも悪くも抱えている問題が浮き彫りになった4巻。

5巻はその後、台風が過ぎ去った後のような話である。しかし、あー大変だった、では終わらず心の整理には時間がかかることを匂わせる内容になっている。

次巻は本当に藤村が表紙のはず。一巡の締めを飾る藤村の表情は笑っているのだろうか。

1 つらい思いをしている

さて、内容について振り返る。

初めに言っておくが池澤は登場しない。そういった意味でも今回は「過去」に比重を置いたうえで、再スタートを切ろうしているところを描いているように感じた。

①英二との関係に終止符を打ち、「タカくん」とよりを戻す藤村

②泉の視点から見た中学生時代

③直彦と泉の再スタート

が今回のポイントである。

太一はあくまでもこの話に花を添えるような立ち位置でしかない。リアクション係とも言う。そしてやはりと言うべきか、英二は英二で立ち直っておらずどうすればいいかわからない様子。

直彦の気を引くことはできないと諦め、自由になると言いながらも前に進まない藤村。

英二が好きな上で直彦と交際しているわけではなく、最初から直彦に惹かれていた泉。

その上で傷つくのが怖かったのだと認め、言葉が足りなかったことを謝り、恋を再確認し合う直彦と泉。

好きな人の恋を応援する太一、間違えっぱなしの英二、もう傷つきたくない藤村、英二と直彦は別の関係であると言う泉、更に絆を深める直彦。

まだ語られぬ「英二視点の過去」が目立ちながらも、五者五様の恋愛のスタンスが描かれているようにも思えた。

皆、つらい思いをしている。これでもかという程、それぞれの表情から見えた一面。

何度でも傷つく恋。恋を知っていると見るならば、直彦と泉しか該当しないかもしれないけれど、でも他の人の想いも恋と呼べるものである。

今まで行ってきた結果が現在の状況を作り出している。それが如実に見えた5巻だった。

2 私にはタカくんしかいない

 

 

 

 

◇恋を知らない僕たちは(5巻) より◇

何よりも藤村が危なっかしく見える。個人的に一番気にかかるし、今後のビジョンが全く見えない。

新しい恋のために行動したけど駄目だった。だから元に戻す。

その痛みには慣れているから、「本命になれない」という結果は同じでも傷つかない。

私にはタカくんしかいないと殻に閉じこもることで、自分を保っているのだ。何とも切ないではないか。

しかし個人の問題で、誰にも指摘する権利はない。せめて彼女を好いてくれる男性がいるのなら話が変わってくるかもしれないが。

直彦も英二も太一も、藤村を気にしている余裕は皆無なのだ。

進むにしても留まるにしても、いつか絶対に傷つく。ならばどう立ち向かうか、立ち向かえる勇気を持てるかが彼女の分岐点になるだろう。

「恋を知らない僕たちは」の最新話が掲載されている別冊マーガレットを無料で読む


恋を知らない僕たちは【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで別冊マーガレットを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 終わりに

 

 

 

 

 

 

◇恋を知らない僕たちは(5巻) より◇

はっきり言って、陰鬱な展開が続く。

直彦と泉には悪いが、素直に祝福する気にはなれない。仲直りしたいと言っても結局二人は待ちの姿勢だし、被害者側のような立ち位置だから。

明るく笑顔になれる展開は来ず、苦味は更に増すばかり。バトル漫画言うところの負けイベントを見せられているような気分だ。

これ以上、下はないと願いたい。そして、全員がハッピーになれるような展開を期待したい。

それにはまず、主人公の英二から変わって欲しいところ。男なら自分で立って欲しいが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です