【娘の友達21話ネタバレ】市川家訪問間近!古都の母親もついてくる!? - 二次元感想レビュー録

【娘の友達21話ネタバレ】市川家訪問間近!古都の母親もついてくる!?

 

 

本記事は娘の友達21話のネタバレを含んだ感想・考察になります。単行本3巻に収録されている内容の一部です。

 

市川家訪問の前日譚。晃介と美也、古都と古都の母親、それぞれ訪問に対する思いを語ります。

一番の目玉はやはり、母親がついていくと言った事でしょう。どこまで娘のプライベートに介入すれば気が済むのだろう。

これで美也のみならず、母親の警戒網を潜り抜けなくてはいけなくなった古都ですが、当日に備えて剃毛をしているあたりやる気は十分です。

晃介はいつも通り美也に嘘をつきつつ、慌てふためくばかり。まぁ今回はかなりの不意打ちだったので、仕方ないですが。

以下では21話の展開の考察をしています。

1 続・晃介は嘘を重ねる(ラスト)

 

美也はとうとう晃介に直接尋ねます。本当に隠し事はないのか、と。

もうこれ確実に疑っています。様子がおかしいとか何か不安とかではなく、絶対的な確信を得て聞いています。そうでないと、父親を嫌な気持ちにさせるようなこと言わないですよ普通。

当然、晃介はいつもの如くしていないと伝え嘘をつきます。

古都に遊びに行くと知らされた直後で、頭が回らないのでしょう。混乱しています。

そして、はっきりと「ない」と伝えたことで、後戻り出来ないことを自覚しました。

後々の展開を見ると晃介の勘は当たっていることになります。当然ですよね、二人きりの家族に嘘なんて隠し通せるはずないんですから。

つまりこれが全てを明かす、本当の本当に最後のチャンスだったということです。あーあ。

2 剃毛

 

約束の日に備えて剃毛をする古都。いや、それはおかしい。

女友達と遊ぶだけなのにわざわざ剃る必要がどこにあるのでしょう。脇毛とか絶対見えないはずです。

半袖とはいえ。スカートとはいえ。年頃の女の子がそこまで剛毛なわけありません。古都にそんな設定はないはず。

一体何を考えているのですかねぇ。まぁ想像はつきます。

きっと晃介となんやかんやするつもりでしょう。美也をダシに使っていることがバレバレですね。

どんな方法で二人きりの空間を作るつもりなのでしょうか。

3 古都の母親はついてくる

じゃあお母さんもご挨拶に行くわね

◇娘の友達21話より◇

あなたもですか。親子揃って爆弾を投入するのが得意ですよね。

しかし今回の本題はそこではなく、如月家の家事情が聞けます。

母親の言動から、父親とは仲違いしている様子なのです。久しぶりに帰って来るらしく、古都に一言も話させないように念を押します。

古都を縛りつけるのは、父親の元に行かせないようにするためなのかもしれませんね。

最低と言っているあたり、父親は不倫でもしているのでしょうか。だとすれば、なんて偶然。古都も不倫に似た禁断の恋に走っていますよ。

21話は血の繫がりを感じさせてくれる回でした。

そういえば、晃介と美也も似ているところがありますよね。この作品に普通の感性を持つ人はいないのでしょうか。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。