【娘の友達25話ネタバレ】本間と二人きりの会食!美也、疑念最高潮で泣き出す! - 二次元感想レビュー録

【娘の友達25話ネタバレ】本間と二人きりの会食!美也、疑念最高潮で泣き出す!

 

 

だましだまし時間を延ばしていた問題が浮上してきました。美也の疑念が最高潮を迎えたのです。

挙げ句には泣き出す始末。もうここまできたら身の潔白を証明しない限り、彼女の不安は消えません。

そんな事になっていると露知らず、晃介は本間と会食に行くことに。

いっその事、本間に彼女役を頼めば全て上手く行くかもしれませんが、まぁ無理でしょう。

夜遅くまで美也を一人にしたツケは、どんな形で回ってくるのでしょうか。

1 娘の友達25話 本間と会食

 

道端で偶然に声をかけられた晃介は、その流れで本間に会食に誘われます。

真っ先に美也に連絡するあたり、気づかいは出来ています。

本間に対する気づかいも怠りません。褒めて褒めて、年上の余裕を醸し出します。

娘を大事に想い、部下への配慮も忘れない。これだけ見ればなんてデキる上司なんでしょう。正体はすぐに狼狽える気弱なおじさんですが。

何にせよ、本間は人生経験豊富なスマートな男性という印象を抱いたようです。

優しい、とポツリ言ったのがその証拠。とても良い雰囲気です。

2 娘の友達25話 本間、酔いが回る

 

上司と部下の垣根を気にしないほど、本間は酔ってきました。建前なんてもう完全に消失し、隙だらけです。

なので、本音が出てしまいます。気になっていることをズケズケと聞いてきます。

今日起こった出来事。晃介が本間を呼び止めた際に出てきた「如月さん」という言葉の真意を尋ねます。

晃介はすぐに動揺。本間はすぐに恋人だと察します。

酔っている影響なのか、ネガティブな思考には至らず照れるだけに留まる晃介。

もう何というか、本日は無礼講という空気が出来上がっています。かなり危険な状態ではないでしょうか。ポロッと真実を言ってしまいそうです。

最終的に本間は「如月さん」に会ってみたいと言っています。

気になっている人の好きな人が気になるという、脈アリサインですが、晃介は気づくわけもなく、夜は更けていきます。

3 娘の友達25話 美也、疑念最高潮で泣き出す

 

晃介が伝えた「ゆうべのおかず」は冷蔵庫にはなく、美也はコンビニまで行くことになります。本当、晃介のどこがスマートなんでしょうか。

この不備に対し、美也に不満が出てきます。

普通の親子なら、文句の一つでも言って終わりでしょうが、晃介と美也は状況が特殊過ぎました。

冷静に考える余地を与えてしまい、美也の疑念は膨らみ続けます。

想像するのは日曜日。晃介と古都のやりとり。あれは挨拶だけだったのかと、考察していきます。

しかし証拠不十分なので、一人で考えても答えはでません。

そう、一人なら。不運なのか幸運なのか、コンビニで三崎と鉢合わせます。

学校で唯一心を許した相手とあって、胸の内にある不安を全てぶちまけます。

三崎は冗談と受け取りましたが、美也が泣き出し、信じずにはいられない状況です。

不穏な空気が漂ってきました。三崎が信じれば、何かしら行動に出るはずです。後をつけるとかされれば、脇が甘い晃介は簡単に見破られます。

対策が必要な事態ですが、知る由もありません。

もうピースが揃いつつあり、少しずつ真実に近づいています。

悲劇は起きるのでしょうか。バレれば完全に家庭が崩壊します。

晃介にはどうにかやり過ごして欲しいところです。

終わり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。