【展開予想】かぐや様は告らせたい(138話):先手はかぐや:会長は自分自身で立ち直るのか!? | 二次元感想レビュー録

【展開予想】かぐや様は告らせたい(138話):先手はかぐや:会長は自分自身で立ち直るのか!?

 

 

 

 

◇赤坂アカ:かぐや様は告らせたい(138話) より引用◇

かぐや様は告らせたい137話では会長の迷いが見えていた。

自分は四宮が好かれるような人間ではなく、普段の頑張りは虚勢なのだと。

素の自分を見せた時失望されるのではないか。

かぐやの心が離れていくことの恐怖も相まって、なかなか素直には好意を伝えられない会長。

対してその思いを聞いたかぐや。未だ元の人格には戻らないがしかし、これは僥倖なのかもしれない。

かぐや(氷)は昔の姿。会長に出会った頃の人格が基盤である。

ならばこそ彼女が言葉をかければ、説得力が増すだろう。

自信をつけさせれば、告らせることも可能になる気がする。

138話以降で、会長を立ち直らせることができるのか。

それにしても告らせるために告白せねばならないとは、何とも奇妙な話である。

1 先手はかぐや

まずはかぐやが伝えないと意味がない。

だが、今までのアプローチの仕方から察するに幾分か遠まわしな台詞になる可能性が高い。

本気で伝えようとしても、他の人達の前では言えないだろう。

一度決意した手前、できないと言う流れは絶対にないとは思われる。自分との約束を守るかぐやなら尚更。

言おう言おうと空回りし、伝える気のないことまで言ってしまうのか。

それとも脳内会議で見せていた癇癪を素直に出し、私も大した人間ではないアピールをするのか。

何にしても感情を前面に押し出す展開が予想される。

2 会長は自分自身で立ち直るのか

かぐやに助言はされるものの、結局会長は自分自身で立ち直るかもしれない。

何事も自らの足で前に踏み出してきたからだ。

かぐやとの勉強勝負は良い例である。

まだ顔を知られてもいない彼女に、直接勝負を挑めるくらいの勇気を出せるのが会長なのだ。

中々の胆力である事は言うまでもない。

虚勢でも何でも、今までの積み重ねが自分を形作っていると気づくのだろうか。

あるいは凡人だった会長を知っている、前生徒会長のような昔の人物が背中を押してくれるかもしれない。

3 やはり告白は会長からになるか

以上を踏まえて会長が立ち直ったとしよう。

そうなると彼の性格から考えて、受け身になるとは考えにくい。

意趣返しという意味合いで今度は攻めに出るのかもしれない。

これが俺の気持ちだ、とか言って恋愛頭脳戦を継続させそうである。

かぐやの父というラスボスが存在する以上、早くくっついて欲しいものである。

「かぐや様は告らせたい」の最新話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読む


かぐやさまは告らせたい【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで週刊ヤングジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ですが注意が必要です。この作品は月一回の頻度で休載がありますので、それを確認してからの購入をおすすめします。当サイトでも感想記事を載せていますのでそれで掲載情報を確認するのも一つの方法だと思います。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です