【展開予想】かぐや様は告らせたい(145話):遅れた文化祭マジックも無意味!? | 二次元感想レビュー録

【展開予想】かぐや様は告らせたい(145話):遅れた文化祭マジックも無意味!?

 

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(145話)より引用◇

賑やかだったパーティはあっという間に終了し、一転して甘い空気に。

石上はこのパーティで何も進展させようとは思っていないし、寝ている伊井野の事を気にして帰宅する考えしかない。

しかし、つばめ先輩は違うようである。

時刻を10分ばかり早めた嘘をつき石上を引き止めようとしている。

まだ話したいのか、それだけではないのか。

かぐや様は告らせたい145話の展開を予想する。

※7月11日は休載です。再開は7月18日になります。

1 遅れた文化祭マジック

今のつばめ先輩は文化祭マジックのようなものにかかっている。一応解説しておくと祭りの熱に浮かされたまま、急速に関係が進む現象の事である。

加えてアルコール入りのチョコを食べて酔いが回り、理性は瓦解寸前。

疲れと余韻と酔いと二人きりの効果で、クアドラプルチャンスの状況。

告白の先に辿り着くにはうってつけ。

文化祭で遅らせた時間を石上は取り戻せるか。

2 ラブコメに邪魔はつきもの

だが、仮に良い雰囲気になったとしても伊井野がいる。

肝心なところで目覚める気がしてならない。

その時何が起こるだろう。

バッと、瞬間的に距離を置くようなお約束の展開になるのか。

しかし伊井野の酔いが冷めてないとは断定できていない。その状態なら勢いで何かを口走る可能性は充分にある。

いつも罵倒している石上に嫉妬のようなものをぶつけてもおかしくはない。予兆は144話にあった。

そしてつばめ先輩もだいぶ理性が緩んでいて、喜怒哀楽を爆発しかねない。

石上抜きで女のバトルが始まりそうである。

3 だが結末はアレ

結構真面目な展開になっているが、忘れてはいけない。

石上が間接的要因で伊井野を骨を折るという、結末は決まっているのだ。

何もかも台無しに終わってしまうのが大前提。

上述したような展開になるなら石上が二人の間を取り持ち、その拍子で事が起きる気がする。

つまりどうあっても上手く進展せず、先延ばしにされる。

これもラブコメの運命。甘んじて受け入れるしかないだろう。

せめてつばめ先輩との軋轢は最小限に留まる事を願うばかりである。

「かぐや様は告らせたい」の最新話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読む


かぐやさまは告らせたい【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで週刊ヤングジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ですが注意が必要です。この作品は月一回の頻度で休載がありますので、それを確認してからの購入をおすすめします。当サイトでも感想記事を載せていますのでそれで掲載情報を確認するのも一つの方法だと思います。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です