【展開予想】かぐや様は告らせたい(148話):次はかぐやと会長のデートか!? | 二次元感想レビュー録

【展開予想】かぐや様は告らせたい(148話):次はかぐやと会長のデートか!?

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(141話)より引用◇

かぐや様は告らせたい147話の煽り文に、「肝心の二人」と書いてあった。

それはかぐやと会長のことを指していると思われ、

ようやくメインの話になるということである。

きっと冬休みデートだろう。かぐやはちゃんと言葉にしたいことがあると言っていた。

通常の状態に戻った直後のかぐや。三学期のスーパーデレ状態に入る前の話。

一体何が行われるのか。

かぐや様は告らせたい148話以降の展開を予想する。

1 告白の可能性

まず想像するのは告白である。恋愛的な意味での告白である。

結局キスの時には、どちらからも告白はしなかった。藤原が良いタイミングで連絡をしてお流れとなったのだ。

言おうと思えば帰り際にさらっと言えただろう。だが仕切り直しとなった。

かぐやにとってそれだけ気力のいることに他ならない。

だがそれではこの作品のタイトル「告らせたい」に反する気もしなくはない。

もはやその垣根はどうでもいい事ではあるのだが。

2 行くか行かないかの話か

学園祭にかぐやがしでかした、衝撃のディープキスで忘れていたが、

まだスタンフォードに行くか行かないかの決着はついていないような気がする。

もちろんかぐやはその場で行くと告げてはいるが、その時のかぐやは恋愛モード全開でまともな精神状態ではなかった。

熟慮してはいないのだ。加えて厳格な父親という壁を突破できるのかという懸念もある。

私は行けないかもしれませんが、どんなに離れていても会長は私を好きでいてくれますか?

と絆の確認をする可能性の話も充分にあるだろう。

結局は告白に繋がりそうではある。

そういえば似たような話が前に行われていたのは気のせいだろうか。



3 いきなりデート場所から

はっきりと素直にデートと言っていたかぐや。

以前ではその言葉すら躊躇していたあたり、時間とは人を変えるモノである。

となればもういきなりデート場所から始まるのではないだろうか。

1巻のような、偶然を装う必要はない程関係を深めた現在。

目的はデートをすることではなく、言葉を伝えることである以上、

余計な恋愛頭脳戦にはならないのではないかと予想する。

「かぐや様は告らせたい」の最新話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読む


かぐやさまは告らせたい【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで週刊ヤングジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ですが注意が必要です。この作品は月一回の頻度で休載がありますので、それを確認してからの購入をおすすめします。当サイトでも感想記事を載せていますのでそれで掲載情報を確認するのも一つの方法だと思います。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です