【展開予想】るろうに剣心北海道編(16話):各実検は一部隊で実行!?対峙するのはこの7人!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】るろうに剣心北海道編(16話):各実検は一部隊で実行!?対峙するのはこの7人!?【ネタバレ込】

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(16話) より引用◇

剣客兵器の全容が少し解き明かされた、るろうに剣心北海道編15話。

凍座と同じ地位の部隊将が他に6人もいるという事で、かなりの長期戦になる可能性が高い。

何故なら部隊だから。一人ではなく複数いると考えて当然。

凍座や寒郷の隊を見ても分かる通り、部下も中々の強者であることだろう。

今までに起きた出来事を鑑みて、これからどういった風な流れになるのか敵味方含めて予想してみる。

第三弾、第四弾の実検。戦線離脱組。剣心は? 最初に切り込むのは誰か、等々。

1 実検には新しい部隊将が出向く?

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(16話) より引用◇

剣客兵器の実検は第一弾第二弾共に、それぞれ別の部隊が動いている。

次に起こす第三第四もまた別の部隊の動くと見ていいだろう。

となれば、既に行った凍座と寒郷の部隊が出向く確率は低いのではないか。並びに顔合わせの時に来なかった「権宮」の部隊将も。

残りの他四人の部隊が担当する可能性が高い。

誰がどのタイミングで動くのかは不明だが、しかし全員が行く事はないと思われる。

報告会の様子を見ていると、部隊将はマイペースな人間揃いで仲は特別よくない。

トップであろう将君自ら「大枠のところでしくじらなければ、自由でいい」と発言しているのもあって、各々部下を連れて勝手に動くのかもしれない。無論、どの順番で誰が行くかの指示はあるだろうが。

2 ほぼ確定の戦線離脱組

剣心側。とりあえずの戦力は12人。

しかし現在負傷していて、刀も持っていない斉藤を除いて11人。

そして15話。左之助の指示により明日郎、阿爛、旭は薫と剣路の目的「神谷越路郎」探しに加わる事になった。

絶対確実とは言えないが、ヒロインである薫まで戦闘員に加わる可能性はないと自分は考えているし、剣路もいる。

なのでそんな二人に付き合う三人は、今回の実検には迎え討たないのではないだろうか。

るろうに剣心北海道編の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む



るろうに剣心北海道編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 剣心はまだ戦わないか?

いくら腕は衰えていないとはいえ、体の方は衰退が始まっている剣心。

無印時代のような無茶な連続戦闘はできないと推測する。

実際弥彦と一戦交えただけで体が軋みを上げていた。

高荷恵の到着も定かではない現状、まだ表だって戦わないか?

物語的にも主人公は最強格の敵と戦うのが鉄板である。

北海道編は味方は多いので、序盤の出番は控えめになるのか。

4 永倉、左之助、十本刀の構成

というわけで残り7人。

永倉、左之助、宗次郎、安慈、張、鎌足、蝙也で部隊は組まれるだろう。

剣客兵器の一部隊の主力も5人程度なので、お互いちょうどいい数である。

しかし、第三弾と第四弾が同時に来ないとも限らないため油断はできない。

今後の戦いに注目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です