【展開予想】彼女、お借りします(105話):映画制作に向けての懸念事項まとめ【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】彼女、お借りします(105話):映画制作に向けての懸念事項まとめ【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度104話) より引用◇

和也と水原が新しく共通の目的を持ち動き出している。

これから二人でいる機会は今までよりも多くなるだろう。

今度こそ距離が縮まりそうで何よりではあるが、果たしてこのまま上手く行くだろうか。

上手い話には裏がある。希望があるなら絶望もある。人生に酸いと甘いが両立しているのは誰もが知るところだろう。

はっきり言って邪魔が入りそうである。

彼女お借りします105話以降の展開を予想する。

1 瑠夏と和也祖母

瑠夏と和也祖母。この二人が最重要危険人物である。

水原も104話で言及していたが、和也祖母は話を聞けば死ぬ気で援助してくるはず。

おそらく応援には留まらない。目に見える形で与え、断ろうものなら怒ってでも拒否するだろう。

善意の押し売り、嫌いなニシンのパイなど入らない。

和也も水原もある意味では頼まれてもいないことをやっているが、それとこれとは話は別。身を削ってでも応援されたくはないだろう。

そして瑠夏。彼女は現在、誕生日の一件を反省して水原とは「休戦」している。

しかし日頃の行いから見て油断はできない。和也と水原を見れば仲が進展していることにも気づくと思われる。

何かの偶然で二人を見かけた時、彼女が平静でいられるかは微妙である。

頭では分かっていても感情が抑えられないのが瑠夏なのだ。映画制作のことを聞いたら無理やり介入してくるに違いない。

瑠夏と和也祖母。話を聞かない二人には決してバレてはいけない。

2 和也サイドにも危険がたくさん

和也と水原には守らなければいけない秘密がある。

映画制作において一番バレてはいけないのが、女優業のことである。

一ノ瀬と水原、二つの人間を使い分けていることが知れれば、正体を知ってしまえば根本が崩壊する。

何故隠す、どうして使い分ける、これを知ってしまうとレンタル業のことまで露見しかねない。

大学の知人友人にも話してはいけないのだ。どこで話が繋がるかわからない。

3 麻美が邪魔してくる可能性

マミのことも忘れてはいけない。彼女はSNSで和也祖母と繋がっているのだ。

いつどのタイミングかは分からないが、和也との関わりは切れていない。

何よりマミも水原のことをよく思ってはいない。「和也のレンタル彼女になるのは止めて」という約束は破られたと知っている節がある。

和也祖母に告げ口しかねない。

4 終わりに

映画制作そのものよりも、周囲にバレてはいけないという縛りプレイの方が難しい件について。

放っておけ、頼むから放っておけと思わざるを得ない。

何か一つでもしでかしたら、それで計画は破綻する。

志はあるのに、別の要因で中止となれば和也達は浮かばれない。

それでも成し遂げる覚悟なのかは、まだ不明。

和也と水原の小さな戦いは幕を開けたばかり。

「彼女、お借りします」の最新話が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読む


彼女、お借りします【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、週刊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です