【展開予想】彼女、お借りします(91話):二人の意見の食い違いは瑠夏で決する!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】彼女、お借りします(91話):二人の意見の食い違いは瑠夏で決する!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度90) より引用◇

彼女、お借りします90話ではとりあえず水原の祖母は亡くなっていなかった。

それも期限があるが、いくらかの猶予は残っているわけだ。

問題が山積みな上に、更に重い展開が繰り出されるとなると、後々の話にも影響が出かねないので安心した。

具体的には、他のヒロインが生半可な気持ちで介入できなくなるという心配である。死なんてやられたらマミさんや墨はもう関われなくなる。

その辺りの重い話はメインの二人でするだろう。

今話では和也と水原が意見の食い違いを見せている。

真実を話すか、嘘を貫くか。どっちが正解で間違いなのかは置いておくとしても、

仲違いが起きる可能性はある。

積み重ねてきたモノが正反対の二人はどんな答えを出すのか。

1  両祖母たちは理解している

いつも通り仲良さげに談笑している和也と水原の祖母。

それは不自然なくらい明るい。和也達ですら呆れるほど。

もう覚悟は決まっているのだろう。話しても暗い話にしかならない事を察しているのだ。

嘘でも何でも夢くらい見させてくれというのが彼女たちの本音のような気がする。

和也と水原の意見については、肯定も否定もしないだろう。

真実を告げても希望は捨てないどころか、水原が和也に対して少なからず思うところがあるまで見抜いてくると思われる。

現状維持は言うに及ばず。どちらにしても揺らぐ事はない。

年の功とは想像以上に頑強なものである。

2 水原の方が筋が通っている

90話の最後を漫画で見ると、和也との関係を引き止めたいがために水原が言っているように見えなくもない。

だが実際は真面目な理由でしかないのだと思う。

上述した祖母二人の気持ちが分かっているからこその判断なのだろう。

同じ女性という生き物である以上、水原の推測の方が正しいはず。

だとすれば、感情的になっている方が結論を先出しする可能性が高い。つまり対立するかしないかは和也次第という事になる。

頭に血が上り余計な事を口走らなければいいが。

瑠夏とのキスは諸刃の剣みたいなもので、説得力は増すだろうが水原の好感を下げる事にもなり得る。

3 瑠夏は和也の味方!?

90話では登場しなかった瑠夏。

しかしあのまま帰るという選択はしないだろう。

きっと、一緒に来ているか木ノ下家で待っているかのどちらかである。

一緒に来ていた場合を考えてみると、和也の味方をしそうな気がする。

その時々の感情で動く瑠夏は、無駄に和也の言葉に賛同しそう。事実正月に事情を話した時は和也にビンタするほど、激昂している。

いやでも、女性であるため祖母の気持ちを理解できていると言えなくもないのか。それに和也につけば、自分の願いは成就できないまま終わりを迎える事になる。

実に悩ましいが、まぁ瑠夏がそこまで先の事を考えられるとは思えないので前者かもしれない。

彼女がどちらにつくかが、鍵となるのか。

4 終わりに

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度1) より引用◇

「馬鹿野郎! 大学に女遊びしに行くんじゃねぇんだよ!」

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度90) より引用◇

「決まってるだろ! 言うんだよ水原のばーちゃんに」

 

どこかで見たような絵図と思っていたら一話と似ている。

一話では父親が、百万円を遊びに使わないか心配と言った言葉に対しての返答。家賃以外の殆どをレンタル彼女代に使い込みました、自分の言葉を曲げました。

90話のこの言動に信憑性があるかどうかはご想像にお任せします。自分は信じられません。

展開的にも水原の意見に従うと自分は思っている。

仮に和也の意見が通ったとしても、楽しそうに話している祖母たちの話の腰を折ってまで言えるとは思えない。また今度、とか言いそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です