【展開予想】終わりのセラフ(78話):優不在でミカが主役!?百夜教は優からナイフを取り出すか?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】終わりのセラフ(78話):優不在でミカが主役!?百夜教は優からナイフを取り出すか?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(77話) より引用◇

終わりのセラフ77話では、百夜教の手先が優を連れ去った。

優とミカを育て、実験体として体をいじくり回した組織。

この作品世界ではトップクラスの外道集団と言っていいだろう。

守ると言う名目ではあるが、何か別の目的があるような気がしてならない。

再び優は処置を施されるのであろうか。

終わりのセラフ78話以降、主人公不在でどう物語を展開していくのか気になるところである。

1 ミカ編が始まるか

もう一人の主人公とあらゆる方面から言われているミカ。

優がいない今、彼こそが主人公として相応しいのではないかと考える。

登場人物が多すぎて忘れがちになるが、ミカのストーリーはあまり描かれていない。

過去編ならば小説で見る事もできるが、成長という意味ではほぼないに等しい。

せいぜい少しだけ人間を許容できるようになったくらいだ。

77話でもグレン達と争っている。対立の姿勢は残っている。

それにまだ正体についても不明な点が多い。何より優と同じ百夜孤児院にいて何もないというのがそもそもおかしい。

天使の力を有している優と同じように、彼にも特別な力が宿っているとしたら?

フェリドの後を継いだ「ミカエラ」と言う名前から見ても、まだ重大な伏線があると見ていい。

終わりのセラフの最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


終わりのセラフ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 守るのは第二始祖から? 真祖から?

現在第二始祖ウルドが渋谷に向かって進行中である。

真祖のシカマ・ドゥもシノアの体を乗っ取り人間側と接触している。

百夜教の手先が言った「優を守る」とは一体どちらからだろう。

両方かもしれないし、片方かもしれない。

ウルドの手に下れば優の体を調べられるか殺される。

シカマ・ドゥに捕まれば取り込まれるか殺される。

実際はそうなっておらず可能性の話なので、どうなっていたかは断定できない。

けれど百夜教はまだ優を必要としていると見て間違いない。

真祖も第二始祖も脅威と見ているからこその行動だろう。

3 優は何をされるのか

百夜教はラッパの持ち主「天使」特有の、内から出るナイフを取られるのが嫌だったのではないか。

世界を救うかもしれない鍵とも呼ぶナイフ。

優の中にもきっとこれがあると見ていい。

人間側は簡単に御せるから放置していた? でも真祖や第二始祖には渡したくなかった?

だが他にも人間側にはナイフが一本ある。君月の妹に憑いた天使もいて更にもう一本あると考えると、優のナイフだけは特別なのか。だから彼だけ「悪魔」なのか。

それを取り出すのが目的である可能性もなくはないだろう。

いよいよ優は用済みという事もあり得るのか。

4 阿修羅丸の記憶が戻る

阿修羅丸の記憶が戻る、と言った事も指摘しておきたい。

それは数千年前シカマ・ドゥとユウと過ごした、「アシェラ」として記憶である事だろう。

真祖の真意を知る事ができるのか気になってくる。

しかし思い出しても意味があまりないような気がしてならない。

絶対的な力の存在が物語っている。確かに重要であることかもしれないが、弱点や原因を知って何になるというのか。

今後の展開で意味あるものへとなっていくのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です