【展開予想】進撃の巨人(120話):エレン生存の可能性はある!?ジークは地鳴らしを発動!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】進撃の巨人(120話):エレン生存の可能性はある!?ジークは地鳴らしを発動!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第119話) より引用◇

進撃の巨人119話でエレンの死が濃厚となった。

ライナーと違って巨人と繋がってもいないままの状態であり確実と言えるだろう。

だが何故だろう。復活する予感がある。

主人公だから死なないというのもあるが、エレンには何が起きてもおかしくない気がするのだ。

そう思って筆者は考えて見たところ、妄想ではあるが復活する可能性のある道は無数にあった。

詳しくは後述。

エレンがいなくなった後の戦争の情勢を含め、

進撃の巨人120話の展開を予想する。

1 エレン復活は、少女と戦鎚、あと覚醒

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第115話) より引用◇

エレン復活の流れは三つある。

1、半身が吹き飛んだジークを治した少女のように、巨人が助けてくれる。

2、そもそも死んでおらず戦鎚の能力で創造したダミー人形。

3、進撃の巨人という新しい巨人の覚醒。

1は現実に起きた事で、少女がジークの叫びで巨人化した巨人だと仮定すれば、その時と状況が酷似しているため、誰か巨人化した巨人が助けてくれるかもしれない。

2が一番現実的で納得のできる復活であろう。しかし体力は残っているのかが疑問点。

3は妄想。だがエレンは物語全体を見ても、ここまで生身が傷ついた描写はないので、なくはないと考えている。

このように、想像ならばいくらでも復活の余地はある。

2 ジークは脊髄液を飲んで地鳴らしを発動

エレンとはあと数歩の距離であるジーク。

飛んだ頭はジークの方へと向かっている。

エレンの脊髄液を飲める距離であると言え、王家の血筋であるジークは始祖の巨人を吸収し、地鳴らしを行うのではないか。

安楽死計画は続行の可能性がある。

3 ガビは生死の境にいる

エレンが殺されたことで、その場にいるジャンとコニーのヘイトはガビに集まるかもしれない。

少なくともコルトとファルコがいない中、彼女は一人で敵国の兵士。狙わない理由がない。

しかし確実ではないとも言える。鎧の巨人がいるからだ。

左手を潰されたが、右手は残っておりガビを連れて逃げることは不可能ではない。

加えてファルコが顎の巨人になれる場合もある。

五分五分の確率。生死の境。ガビの安全は保障されるのか。

終わりに

アルミンとミカサは車力の巨人との戦闘中で、しばらくエレンの死は気づかないだろう。

エレンは死ぬ可能性もあるし、死なない可能性もある。

どうにでもなる展開。

次回に期待。

「進撃の巨人」の最新話が掲載されている別冊少年マガジンを無料で読む


進撃の巨人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、別冊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です