【展開予想】鬼滅の刃(166話):援軍の可能性大!時透は救われる道がたくさんある!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】鬼滅の刃(166話):援軍の可能性大!時透は救われる道がたくさんある!【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇吾峠呼世晴先生:鬼滅の刃(165話)より引用◇

鬼滅の刃165話では黒死牟の大勝で終わった。

勝負にすらなっていない。柱一人でこの結果なら、あと何人柱が必要になるのか。

このまま負けて、上弦の壱の戦いは一端終了という展開になるのだろうか。

それはあっさりし過ぎな気もするし、だがそれはそれで上弦の壱の力の差を見せつける事も出来るし、筆者は何とも微妙な心持ちである。

でもやはり援軍を期待したい。それは誰になるのか。

黒死牟が使用した月の呼吸とは一体。

鬼滅の刃166話の展開を予想する。

1 戦線に加われるのはこの5人か

伊之助とカナヲの線は外した。いくらなんでも消耗度合いが酷過ぎて、もう戦闘はできないだろう。

悲鳴嶼が物理的に距離が近いが、彼は時透よりも無惨を優先しそうな気がするので外そう。

しのぶは死亡し、珠世は無惨、ねずこは未だ場所不明なのでこの三人は除外。

残るは5人。

もし加わるとすれば炭治郎、義勇、善逸、不死川兄弟の5人の中の誰かだと筆者は考えている。

まぁ165話の黒死牟の強さを見ていると5人全員が加わっても、戦いになりそうな感じもするが。

2 炭治郎と義勇が来るか

不死川兄弟は別々に行動している上、この二人に戦闘させるために別の敵と戦わせそうである。

善逸はかなり重傷のようである。

炭治郎は主人公という事で、無惨との対決に温存しそうである。体力的にあと一回しかもたないだろう。しかし日の呼吸の因縁もあって戦いそうでもあるが、援軍になる必要性はないと言っていい。最後の最後か事後報告でも構わないだろう。

と思っていたが、炭治郎との因縁があり過ぎる。やはり来るのは彼か。

ならばこそ、そこに義勇が来てもおかしくない。

3 時透は救われる道がたくさんある

鬼にされそうになっている時透だが、「く、俺を殺せ」みたいな展開にならなそうである。

鬼化するには時間がかかる、鬼にならない者もいる、そして珠世が人間に戻る薬を開発している。

時透が我慢強い性格である事は明白で時間も稼げそう。更には援軍の可能性も。

何も絶望要素がないのだ。救われる道がたくさんある。

何かしらの救済がある見ていいだろう。

166話は安心して見られるような気がしてならない。

「鬼滅の刃」最新巻を無料で読む


鬼滅の刃【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です