【展開予想】鬼滅の刃(167話):風柱実弥でも全く勝てる気がしない件について!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】鬼滅の刃(167話):風柱実弥でも全く勝てる気がしない件について!【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇吾峠呼世晴先生:鬼滅の刃(167話)より引用◇

風柱実弥が黒死牟の刀の刀身を露出させる。

上弦の壱相手とあってこれだけでも評価できると言えるが、しかし基準を低くしてはいけない。

あくまでも目的は勝利である。

そう思うと物凄く長い道のりに見えてくるのは筆者だけであろうか。

痣時透を軽くあしらうほど強い黒死牟。痣なしの実弥では勝ち目があるとは思えない。

これはまだ、あと数手勝利のピースが必要となってくるだろう。

鬼滅の刃167話以降の展開を予想する。

1 底の見えない黒死牟

黒死牟はまだまだ本気を出していないように感じる。

いくら刀身を露出させたとはいっても、実弥に対して月の呼吸は使用されていない可能性がある。月のエフェクトは出ていたが。

ということはまだまだ手の内を複数持っているという事。それが矢継ぎ早に振るわれればどうなるか。

痣時透でも壱の型にすら対応できなかった。実弥が対応できる可能性は低い。

加えて鬼特有の血鬼術もまだ出していない。

このまま負けて柱二人は鬼にされる未来も想像に難くない。

2 炭治郎への手紙

ようやく炭治郎へと手紙が届いた。これは重要なピースである気がしていならない。

昔の炎柱が聞いただけで衝撃を受け、やる気を失うほどの内容がそこには書かれている。

どんな内容かは不明だが、炭治郎のパワーアップフラグか黒死牟の弱点が書かれているに違いない。

炭治郎と義勇が来る確率も高まったか。

3 玄弥が強化されるかもしれない

166話では胴体を斬られても死なない玄弥の特異性が目立っていた。

鬼を喰らうことで鬼の体に近づける特異体質が彼を生かしたのである。普通なら出血多量の前にショック死である。

そして、玄弥の前には鬼がいる。それも特上の。

強化出来る要素が追加されている。少しでも血を貰えばかなり鬼に近づけるかもしれない。

今はそれが現実的な勝ち筋である。

4 実弥はどこまで抵抗できるか

現在、何かいい感じに黒死牟に対応できている実弥だが、

その戦況はすぐに覆るだろう。

痣でも出せば変わってくるのだろうし、おそらく出るのだろうが、それでも勝てそうにない。

それだけ黒死牟は強く見えるのだ。

できるのは勝利のピースが揃うまでの時間稼ぎである。

痣の発現、玄弥の強化、炭治郎と義勇の参戦が揃って初めて勝てるような気がする。

焦って攻勢に出て悪手だけはしないよう願うばかりである。

「鬼滅の刃」最新巻を無料で読む


鬼滅の刃【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です