【展開予想】鬼滅の刃(171話):黒死牟戦はあとがない!?玄弥は切り札になるか!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【展開予想】鬼滅の刃(171話):黒死牟戦はあとがない!?玄弥は切り札になるか!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇吾峠呼世晴先生:鬼滅の刃(170話)より引用◇

鬼滅の刃170話の簡易あらすじ

黒死牟を倒すための戦力は整いつつある。

柱二人の痣顕現。そして未だ効果が続いているだろう稀血の酔い。

そこに玄弥と時透の復帰が加わればきっと良い線までいくだろう。

だがそれはタイミングが合えばの話。全てが都合よく進むとは限らない。

懸念事項はいくつもある。何かを犠牲にしなけばいけないような気がする。

鬼滅の刃171話以降の展開を予想する。

1 展開予想171話 人間側全員に後がない

時透は片腕切断の上、あと数時間で出血死。玄弥は胴体切断。実弥は腹部を割かれ内臓が出る寸前。重傷こそないものの一晩で死んでしまう悲鳴嶼。

よくよく考えたら、かなり追い詰められている戦況である。ここから巻き返さなければならないのか。

黒死牟は体力無限、怪我なし欠損部位なし、酩酊状態というほぼ万全な状態。

上弦の力は柱3人分であると言われている。その最強たる黒死牟にはその基準は成り立つのだろうか。

一人でも欠けたら敗北が決まるのは間違いなく、もう後がないほど不利になるのは目に見えている。

2 展開予想171話 一番危ないのは実弥か

腹部を割かれている実弥が一番脆いような気がしてならない。

一応応急処置はしているが、一体どれほどの効果があるというのか。

蹴られでもしたら、今度こそ臓物がまろび出る結果となる可能性がある。

連携の形を整えるためには彼が接近する方が効率が良いこともあって、危険性は跳ね上がっている。

最初に命を落とすのは実弥かもしれない。

3 展開予想171話 更に無惨が遠のいていく

全体の戦況でも、人間側がボロボロである。

怪我をしていない隊員がいない。その上で無惨との最終決戦が残っている。

鬼殺隊最強の悲鳴嶼も黒死牟戦に投入された。痣も顕現して文字通り命を削って戦っている。

蛇恋も交戦に入っていてじきに消耗するだろう。

この戦力で黒死牟より強いはずの無惨に勝てるのか。

4 展開予想171話 切り札はやはり玄弥か

玄弥は胴体こそ切断されているが、強化できる要因が出来た。

黒死牟の髪の毛である。そこに希望を見出したい。

上弦が出した木でも消化できる玄弥のことだから、髪の毛くらい問題ないだろう。

懸念は上弦の壱の力を取り込むということである。他の鬼よりも強化できる反面、暴走もより激しくなるのではないか。

最悪味方の判別ができなくなる可能性もある。

玄弥は理性を保つことができるのか。

続く。

「鬼滅の刃」最新巻を無料で読む


鬼滅の刃【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です