【彼女、お借りします考察(4)】主人公『木ノ下和也』のキテいる珍行動・台詞集~後編【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【彼女、お借りします考察(4)】主人公『木ノ下和也』のキテいる珍行動・台詞集~後編【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度62) より引用◇

後編。前回は1~4巻までお送りした。今回は5巻から最新話までである。

だが5巻の和也に落ち度らしい落ち度はない。くそう、和也のくせに。

この辺りから読者として許容できる展開が多くなってくる。ファンタジーからただのラブコメになってくる。

和也もへタレではなく、不快さだけを取り除いた没個性主人公に―――とはならないから安心してほしい。

意味不明が通常運転。ストーカー行為も健在。まだまだキテいる和也をご覧あれ。

1 掃除だけではなれません

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(6巻) より引用◇

和也は水原に相応しい男になろうと決意する。

それで始めたのが掃除である。何故?

しかも満足げにしている。

勉強とか筋トレとか他にやることがあると思うのだが。

いや待て。まずは手始めに、という意味で掃除をしたのかもしれない。

ここは何を変えるのか見届けようではないか。

尚、今週号までで何か特別なことはしていない模様。

2 続・ストーカー

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(50話) より引用◇

水原の舞台を見に行く和也。

応援の為に行くだけだから、他意はないから。・・・などと供述しており。

今のところ友達ですらない、ただのお金で繋がった関係でしかないのを承知の上で。

はい、どう見てもストーカーですね。ありがとうございました。

キミみたいな人間がいるから世の中物騒て言われるんですのよ、和也君。

何でこう、無駄に行動力があるのか。

3 ヒモ男宣言

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(53話) より引用◇

続・余計な一言。

お金払うから夢を諦めないでくれという、女をダメにする青臭い男、その名は和也。

頑張れ、諦めるな、そんなわけねーよ。これだけで良かったのに、何故金払うと言ってしまったのか。

フィクションなので女優を辞めたり、他に彼氏作ったりはしないとは思う。

だが現実にそうなった時、和也は金返せっていうタイプだ。

無償なのに無償でないとは正にこのこと。他人を変えようとしてはならない。

4 終わりに

行動力があり、積極的であり、楽観的であり、感情的である。

無理やり美点を作るとこのようになってしまうが、まぁ良いところもあるのだ。それはまた他の記事にまとめる。

まだまだキテいる木ノ下和也の奇行を見逃すな。

こんなんでちゃんと成長できるのか和也の明日はどっちだ、で終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です