【彼女、お借りします考察(16)】シチュエーション予想:ヒロイン4人の看病の仕方【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【彼女、お借りします考察(16)】シチュエーション予想:ヒロイン4人の看病の仕方【ネタバレ込】

風邪で寝込んだ。

水原、るか、マミ、墨の4人はどう看病するか。

実際それらしい場面は何度かあり、最近では水原が介抱していたわけだが、

他のヒロインはどうか。

だが水原だけ物語として描写されていたため、

今回は二日酔いではなく、風邪を想定したシミュレーションである。

尚、本編には一切関係がないことを先に明記しておく。

1 るかの看病

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度63) より引用◇

るかの場合、チャンスとして喜びそうである。

ここにきて、既成事実のきっかけが再び出来たと。

泊まり前提で看病する可能性が非常に高い。※62~65話参照。

おかゆ作って食べさせて、飲み物をを口移しで飲ませようとして止められ、

一緒の布団で寝ようとしたり、退屈しないように話しかけてきたり。

逆に悪化しそうなくらい騒がしさ。とにかく離れないが目標。後にるかの方が風邪を引くまで想像できる。

しかし気持ちは伝わってくるので、ほっとくわけにもいかない。ガン無視はできない。

でも居ないなら居ないで、寂しくなること請け合い。

4ヒロインの中で一番愛を感じられるのが利点でもあり欠点。

テンポの悪い一日。だが悪くないと思える日。

風邪で苦しいなんて考えていらなくなる看病だと想像できる。

2 墨の看病

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度67) より引用◇

あらゆる行程で混乱しそうな墨。

食器落としそう。おかゆ顔に浴びさせそう。

気を使わせてはいけないと何度も外出したり、

ちょうど寝入った時に何か失敗して起こしたり。

一つ行動に移す度、部屋を出て深呼吸は標準動作。

そして最後は普通に帰る。

終始大げさに振る舞いながらも、やることなすこと教科書通り。

後に振り返れば、普通のことしかしていないと予想する。

だが看病とは、何をするかではなく誰がするか。

それが一際目立つのが墨である。

4ヒロインの中で一番見ていて飽きないと思えることだろう。

何せ一定して可愛いから。うっとうしさなんて微塵も感じない。その点で言えば、るかより墨が上回る。

3 マミの看病

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度62) より引用◇

何するのか想像できない・・・。

最低限のことはするだろう。

ただ、序盤の時のような胸を刺すような言動は流石に控えると思われる。

演技をするかしないかどうかはわからないが、シュンとしている姿にドキドキしたり。

そして最後に画像の通り、手を握ってバイバイなんて言って。

とにかく相手の前ではボロを崩さない感がある。

内に秘めるタイプだと予想する。

利点を挙げるなら気を使わないと言ったところか。

寂しいけれど、それが一番現実的な看病か。

水分を含み過ぎると植物は育たない。それと似たようなモノだろう。

4ヒロインの中で一番付かず離れずを実践しそうである。

少なくとも騒がしくしないため、ストレスを感じることは全くないだろう。

4 水原の看病

 

 

 

 

 

◇彼女、お借りします(4巻) より引用◇

水原の場合、終始スマートに行うだろう。

るかのように前のめりになり過ぎず、

墨のように遠慮せず、

それでいてマミよりもやや近い距離で、

風邪を引いた事実にため息もつきながらも、優しく丁寧に接してくれそう。

他の三人の上位互換とも言える、ちょうど良い距離感。メインヒロインは伊達じゃない。

放っておけない性格だし、家も隣であることから夜遅くまで看病すると思われる。

台本を暗記したり、勉強したり。

気を使わせないように静かにしていながらも、自分のスケジュールを器用にこなしそうである。

欠点を挙げるとするなら、付かず離れずがマミより如実になるということか。

話したいと思っても話しかけられない。触れたいと思っても、寝た方がいいの一点張り。

僅かなズレ程、人は気になるものである。

それがストレスと感じる人もいるのではないだろうか。

5 終わりに

るかは懸命、墨は献身、マミは対処、水原は応対と言ったところか。

何にせよ皆それぞれ被らず個性が発揮されると予想できる。

まだ本編では看病回はないため何とも言えないが、実際に起きたら波乱は必至か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です