【彼女、お借りします考察(8)】七海麻美は性悪女なのか:かなり異質である【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【彼女、お借りします考察(8)】七海麻美は性悪女なのか:かなり異質である【ネタバレ込】

和也をあらゆる角度から翻弄する七海麻美。

もう別れて一年が経とうとしているのに、まだ執着しているようである。

惚れている可能性はほぼない以上、別の理由があるはず。

だがそれは本編で明かされていない上に情報が少なすぎるので何とも言えない。

和也をキープ君として扱っていた疑惑があるマミは、本当に悪意だけを持って接しているのか。

1 七海麻美は性悪女なのか

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度62) より引用◇

水原を「レンタル彼女」としてレンタルしてまで和也の事情に介入し、彼女役を止めさせようとする。

いつまで経っても本物の彼女が出来ない。この時だけを思い返すとマミは正論だ。

しかし読者は少し知っている。彼女の動向を。

マミは和也を振った。家に誘われても行かない。別れさせようとする。無視。だけど付かず離れず。

ほんの一回だがイケメンらしき男性と話す場面もあった。

男から見れば最悪である。可愛いければ何でもしていいのかと糾弾したくなる。

そうするとやはり性悪女となってしまうのか。

だが執着していることを自覚している描写があるので、何とも思っていないとは思えない。

最近のマミは登場回が少ないせいもあるが、特に和也を傷つけようとはしていない。

最初は刀で両断するように和也の心を抉っていたのに。

ただなんとなく知りたい。そういう行動原理で動いている気がする。

明確な答えは出ない。もう少しマミの事情を描写してほしいところ。

2 かなり異質である

マミはヒロインの中でもかなり異質であると言える。

他のヒロインが「陽」であるなら彼女は「陰」のような。

光あるところに影はできるというけれども、影が出来ているのは彼女だけである。

思考と行動が連動していないと言えば分りやすいか。

不安定が本質なのか。たまに見せる暗黒面がその象徴としていると推測する。

ある意味ツンデレの類と考えれば、可愛く見えると言うもの。

マミがこれから本格的に和也と関わり、その本性を表していくのか。

今後の活躍に期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です