【感想】かぐや様は告らせたい(133話):気を引くために香水をつけるかぐや!会長はそれどころではない!? | 二次元感想レビュー録

【感想】かぐや様は告らせたい(133話):気を引くために香水をつけるかぐや!会長はそれどころではない!?

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(133話) より引用◇

かぐや(氷)の状態は続く。

意外な事に会長以外の周囲の反応に変化なし。

皆一様にいつものかぐやに見えている。

会長との距離だけ冷ややかなもので、

無視やすれ違いの連続である。

うまく噛み合っていないのが現状。

関係修復の兆しはない。

1 会長は無視される

前話の翌日。もちろん会長の心の傷は癒えていない。

挨拶も無視とあって、彼は堪えている様子。

変に意識して、無意味な行動に出ているだけなのだが、

会長はそれに気づかない。

頭が良いと変に行動を深読みしてしまうのだろうか。

顔色を窺うしか出来ておらず、更に会長の謎は深まっていそうな気がする。

2 香水を貰う伊井野の反応

かぐやが用意した香水。

鼻の良い伊井野はすぐさま感づき、つけているかぐやから没収する。

しかしむしろ差し上げるとかぐやは言い、

伊井野は満更でもない。

だが首に塗られたリップ型の香水は、

伊井野にとってあまりいい香りではなく、

むしろおばさん臭いと評する。

三十分経たないと上手く匂ってこないタイプの香水であるとかぐやは熱弁し、

そのすぐ後、会長に声をかけられて逃げ出す。

伊井野はやはりおばさん臭いと評した。

3 会長は気づいている

かぐやの香水に気づいた会長。

そして、昨日の帰りの「手を繋げサイン」にもほぼ同時に気づく。

面と向かって指摘する彼の言葉に答えるはずもなく、

かぐやは再び逃げ出した。

つけて三十分経っていなかったから逃げていただけで、

他意はない事には気づかない。

黙って手を繋ぐのが最適解だったと思われる。

そうすればキスにも繋がり、普通のかぐやに戻った可能性もあった。

会長の追う為の海外留学も決意できただろう。

何もかも裏目に出てしまう会長。

かぐやの敗北だと言うが、これは会長の敗北の方が正しい気がする。

「かぐや様は告らせたい」の最新話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読む


かぐやさまは告らせたい【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで週刊ヤングジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ですが注意が必要です。この作品は月一回の頻度で休載がありますので、それを確認してからの購入をおすすめします。当サイトでも感想記事を載せていますのでそれで掲載情報を確認するのも一つの方法だと思います。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です