【感想】かぐや様は告らせたい(142話):石上、伊井野の骨を折る!?石上編を三学期に振り返る! | 二次元感想レビュー録

【感想】かぐや様は告らせたい(142話):石上、伊井野の骨を折る!?石上編を三学期に振り返る!

 

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(142話) より引用◇

冬休みが過ぎ、三学期。

石上、伊井野の骨を折る。・・どういう事なの?

しかし何があったかは言えないと言う。少し頬を赤めて。

詳細は後述。

かぐやと会長も生徒会室でイチャイチャし始める。

藤原と早坂のキス問題も浮上。

乱れに乱れまくっている風紀。まともに見えるのは柏木さんだけという異常事態(彼女もまともではない)。

ゴールデンメンバーと思えませんが? とてもじゃないが。

非常に気になる謎を残したまま三学期が始まっているが、次回からは石上蝙。

12月24日のクリスマスパーティ6時間前から始まる。

1 かぐやと会長のイチャイチャ問題

 

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(142話) より引用◇

あれから何もないという事は流石になかった。byモノローグ。

密室で誰もいない事を良い事にかぐやと会長は生徒会室で抱きしめあう。

柏木が途中で入室しなかったら、キスまでしてたかもしれない。恋愛頭脳戦とは・・。

聞いての通りかぐやは正月は実家だったようだ。

クリスマス直後に行ったデートはさぞかし幸せだったろう。

二人を関係を遮る障害は何もなかったのだった。

2 石上と伊井野

かぐやと会長のイチャイチャを邪魔させまいと、柏木は生徒会室の扉に「バ●サン中」の紙を張り付ける。

そこにやってくる石上と伊井野。伊井野は包帯をしている。

全体的に暗い雰囲気。二人は目を合わせようとしない。

クリスマスパーティで何かあったのは明白である。

石上が伊井野の腕を折り、そのサポートのために彼女に傅いているといった様子。

偶然が起こした悲劇と石上は語り、弁当をあーんして食べさせてくれると伊井野は語る。

まぁ本気で折るわけないだろうし、これは本当に不運が重なったのだろう。

つばめ先輩が関わっていないわけもなく、三角関係は泥沼にはまりかけているのか。

3 藤原と早坂のキス問題

冬休み中に早坂にキスされそうになったと藤原は言う。しかし全部誤解だと早坂は言う。

二人は遊んでいる最中にキスの話題になり、実際にやろうとしたといった経緯。

早い話、早坂はかぐやに追い詰められているのだ。

会長との惚気話を聞かされ、嫌気が差した結果、そういった行為に走ったのだろう。

前々から感じていたことだが、四ノ宮家とは何ともブラックな職場である。

しかしそんな話も柏木にとっては可愛らしい話になるようだ。

キスくらいなんてことないと、早坂と藤原の前で目を瞑り、受け入れ態勢に入る。

二人は退散するしかなかった。

4 終わりに 今編は回想形式

今編から始まる「NEW GAME編」は回想方式。

それぞれの冬休みを振り返るそうだが、誰までするのか。

石上伊井野は確定として、早坂藤原も確定だろう。

できればフルメンバーをお送りして欲しいところ。柏木やつばめ先輩のも見てみたい。

かぐやと会長の冬休みデートは行われるのか。

次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です