【感想】かぐや様は告らせたい(149話):かぐやと会長の冬休みデートは甘さ控えめ! | 二次元感想レビュー録

【感想】かぐや様は告らせたい(149話):かぐやと会長の冬休みデートは甘さ控えめ!

 

 

 

 

 

◇赤坂アカ先生:かぐや様は告らせたい(149話)より引用◇

今編から始まったかぐやと会長の冬休みデート。

三学期のように甘ったるい雰囲気が出来上がっているかと思いきや、二人共まだまだ照れがある様子。

どころかまだまだ理性を残しており分析を始めている。

頭が良いから余計なことを考えてしまうのだろうか。

しかし好き合っているのは互いに承知であるため、アプローチや言葉はやや露骨。

このデートを言葉にするなら「初々しい」が妥当である。筆者としては何ともむず痒い。ふぉーっ。

甘さ控えめのビターな内容。友達以上恋人到達間近。だがそこに劇薬が投入される。

エリアに藤原が出現。加えて石上と伊井野、白銀父も同時に出現。

かぐやの伝えたい言葉は遠のいていく。

※次週は休載です。再開は9月5日になります。

1 初っ端からくい違う二人

かぐやは学生服。会長は私服。デート初っ端からくい違う二人。

かぐやは日頃の会長を想定した。会長は特別な日だから着飾った。

思想は違えど、互いを気づかっての準備。

だがこれは会長に軍配が上がるだろう。性差ではなく人としての意識は会長に共感できる。

本日の勝負、会長の勝利(早い)。

2 嬉しい

手を繋ごうとする会長。しかし行動に移せない。

がっついていて、お可愛いこと。その怖れが体を硬直させている。

だが今日の会長は一味違う。神ってはいないがキスはすませているのだ。

冷静に自己分析し、初デートと考える必要はないと判断する。

手つなぎ、成功。ようやくデートらしくなってくる。

一方かぐやは突然の手繋ぎに驚きつつも、「初デートでも手を繋ぐ」と会長が発言した過去を思い出し自分の中で折り合いをつける。直後に嬉しさがこみ上げる。

通行人がいたため不運にも手を放してしまい、寂しさがこみ上げる。

あー、うー。かぐやの中でバグが起きている模様。

それは自分から密着する躊躇いのようなもの。だが今日のかぐやも一味違う。

会長の腕を抱くように組み、再度繋がりを感じていることに成功。

会長もまた嬉しいと感じるのだった。



3 伝えたいことを言うために

映画の観賞中。会長から初めてのデートの映画鑑賞を話題に出す(1巻)。

かぐやはその言葉を深読みせず額面通りに聞き入れたものの、一つの思考が生まれる。

今回のデートは何回目なのか。

映画鑑賞、花火大会、文化祭、自転車の二人乗り、下校、お見舞い。

よくよく考えたら積もりに積もって7回目だと自分の中で答えを出す。

ヤルのは5回目、は会長の談。つまり今回は充分射程範囲。

かぐやは動揺する。それが頭から離れない。

映画終了後、会長は休憩を提案。かぐやはホテルでのご休憩と曲解する。

適度にトイレに行く機会を設ける。会長が恋愛本から得た知識。彼はそんな思考は今のところない。

性欲と排泄欲のくいちがいが始まる。

かぐやはこのデートを1回目に仕切り直すと主張。会長は唐突過ぎて要領を得ない。

言葉にしたい事を言うために他のことなど考えていられないのだろう。

ようやく本題に入れると安堵したその時、早坂から緊急の連絡が入る。

藤原が、伊井野と石上が、白銀父が現れましたとの報告。

絶望に顔を歪ませるかぐやは言葉にならなかった。

続く。

「かぐや様は告らせたい」の最新話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読む


かぐやさまは告らせたい【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで週刊ヤングジャンプを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ですが注意が必要です。この作品は月一回の頻度で休載がありますので、それを確認してからの購入をおすすめします。当サイトでも感想記事を載せていますのでそれで掲載情報を確認するのも一つの方法だと思います。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です