【最新話感想】るろうに剣心北海道編(18話):九頭龍閃に耐える凍座!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】るろうに剣心北海道編(18話):九頭龍閃に耐える凍座!【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(18話) より引用◇

剣心対凍座の手合せ、第二幕。

いよいよ本格的にしのぎを削り合う両者。

凍座は剣心に。剣心は凍座に。それぞれ痛手を与えている。

凍座と戦った斎藤からの助言が功を奏したのか、手の内が見えずとも対応が出来ている剣心。

そして、飛天御剣流九頭龍閃が炸裂する。

凍座は真正面から受け止め、これを耐えた。斉藤はその耐久力に注視。

仕切り直しとなった戦況に間髪入れず尋問が開始される。

問う人物は永倉新八。新撰組三強の一人は何を問う?

1 闘姿

凍座は外套を脱ぎながら闘姿について語る。

闘争の本質が姿形となって顕れたモノで、それが分かれば相手の戦い方得手不得手が少しわかるようになるらしい。

主観であることは間違いないとして、一種の洞察力のようなものなのかもしれない。

その闘姿を視えるが故に先鋒に選ばれたと言う。

だが本気にならないと視えないという特徴があり、剣心の闘姿は顕れないとのこと。

凍座は剣心の闘姿を視たくてしょうがない様子。

手合せ再開

攻めに出る凍座。剣心と同じように水面を走る。

同じ人間。剣心にできるのだから凍座にできてもおかしくはないと思うだろうが、何分体格が違い過ぎる。よって難易度は凍座の方が上となる。

突進を躱す剣心。爆発するように水しぶきと木片が宙に舞う。

左手を出す素振りを見せる凍座に、剣心は反応して迎撃態勢。ここで繰り出すのは返し技の龍巻閃しかないだろう。

刹那。斎藤が声をかける。かわせ、と。刀を折られる可能性を危惧したのかもしれない。

助言に従い剣心は躱す。だが迎撃から回避の切り替えに一瞬だけ隙が出来る。凍座は見逃さない。

頭部を掴まれ地面に引きずる凍座。土がめくれ上がる程の力。

安慈は言う。小柄故に掴まれると為す術がないと。

斎藤は尋問を開始する。凍座はこれを制止。

土煙の中で構えている剣心。飛天御剣流、九頭龍閃を放つ。



るろうに剣心北海道編の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


るろうに剣心北海道編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 九頭龍閃を耐える

九頭龍閃。神速の突きからなる九撃。

凍座は刀を使わなかった。棒立ちである。

全部命中。だが剣心は後ろに退かされる。

それは押し返されたということ。凍座は衝撃を体一つで受け切ったという証明に他ならない。

血だらけになりながらも歓喜する凍座。飛天御剣流を味わったと言わんばかりである。

尋問、再開

斎藤は考察に入る。何か技や術を使っていることを確信する。

その堅さ。受け止めきれる耐久力には何か秘密があると。

凍座は賞賛を惜しまない。だが闘姿が視えないことには惜しんでいる。

趣向を変えるような素振りを見せた所で尋問が入る。

尋問者は永倉。凍座は無視できず、「闘姿が視たい」の言葉を投げかける。

闘姿は大神なのかという問いに、永倉は含み笑い。しかし目は笑っていない。

犬か狸かだと思う、と適当に答えた。自嘲している風にも捉えることが出来た。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です