【最新話感想】るろうに剣心北海道編(9話):実検:誓いは変わらず【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】るろうに剣心北海道編(9話):実検:誓いは変わらず【ネタバレ込】

ついに対面となった緋村剣心と凍座白也。

主役が来たと言わんばかりに調子付き、白也は自分たちの身の上を語り始めた。

富国強兵のための内乱。それが剣客兵器の目的だという。

そんな途方もない話に対策を講じる暇すらなく、剣客兵器は二度目の襲撃を開始した。

止める術は皆無。成り行きだけでここまで来た剣心はただ立ち尽くしかなかった。

1 実検

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(9話) より引用◇

竹馬の如く立ち、独楽のように回転する者。

劍星と命名し、遠距離からミサイルのようなものを飛ばす者。

短剣で銃弾を受け流し、意のままに操る者。

合いの手を行い、戦を鎮めさせる者。

計四名で構成する、別の場所で開戦した次鋒の剣客兵器達。

実験ではなく実検。調査目的であり、威力偵察も兼ねているようだ。

合計九名。次鋒ということはまだ他に存在する可能性がある。

対して剣心一行でまともに戦えそうなのは、剣心と左之助のみ。

これは厳しいものになる。だがこちらにも味方が駆け付けるかもしれない。

そう考えるとかなり熱い展開になると予想できる。

るろうに剣心北海道編の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む



 るろうに剣心北海道編【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 誓いは変わらず

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(9話) より引用◇

最大戦力となる緋村剣心は凍座白也と対峙する姿勢。

せめてこの目に映る人だけでも守る。

やはり誓いは変わらず、弱い者の糧として在り続ける不殺の元人斬り。

左之助もいることであるし、数的にもこちらが有利に働くだろう。

問題は二つ。剣心の体と左之助の拳だ。

飛天御剣流は発揮できるのか、二重の極みは使用できるのか。

勝機はおそらくそこにしかない。

白也は依然態度を崩さず、猛者を集めろと言うばかり。

次回こそ本当に激突する。勝敗はどちらに軍配をあげるのか。

3 終わりに

 

 

 

 

◇和月伸宏先生:るろうに剣心北海道編(9話) より引用◇

北海道に幽閉されていた志々雄真の配下、安慈和尚。

護送する謎の男、杉村義衛。

この二人の登場で胸が熱くなっていくのを感じる。

敵が味方となって共闘してくれる展開を期待してしまうのが一つ。

そして二つ目は、杉村義衛の正体だ。そんなものは分かり切っている。

改名前の名は永倉新八。

新選組二番隊組長その人である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です