【最新話感想】テニスの王子様(262~264話):皇帝対外国忍者!真田、五車の術に翻弄される!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】テニスの王子様(262~264話):皇帝対外国忍者!真田、五車の術に翻弄される!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇許斐剛先生/テニスの王子様(262話) より引用◇

シングルス2は、真田弦一郎とオジュワール・ドロン。

忍者の搦め手に翻弄されるかと思いきや、

揺るぎない強さで攻め立てる。

敵のミスを誘発させる五車の術すら、ものともしない皇帝真田。

術にかかったフリまでしたのは、真っ向勝負で倒したかったから。

真田が持つテニスの哲学とは一体何なのか。

1 真田は金的命中に不敵の笑み

分身に見せかけていたカラクリ人形を一喝で倒す真田。

その中には本物のオジュワールはおらず、彼の背後の壁に隠れ潜んでいた。

オジュワールは真田の事をオシショーサマと呼ぶ。

始まる試合。真田のサーブを高い跳躍をしながら返す。忍法『トンボ返しの術』。

動くこと雷霆の如しで対応し、忍者の金的に命中。

あまりの激痛に身悶えるオジュワールに真田は不敵の笑みを浮かべる。

金玉に当たれば誰だって、顔が青くなるものである。

新テニスの王子様の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


新テニスの王子様【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 術をかける忍者

1セット目を取り、2セット目も優勢を続ける真田だが、ミスが目立つようになってくる。

挙句にはダブルフォルトで一ゲーム落としてしまう。

心技体を揃えた今の真田に敵はいないはず。何か精神に乱れがあるのか。

忍術は通用しないと高をくくっていたのが仇になったか。

オジュワールの喜怒哀楽はどうやら術をかけるための演出だったようだ。

3 五車の術

ついにはショットの精度まで落ちていく真田。

黒龍二重の斬も、楽々返されていく。

ゲームセット6-5。ミスも絶えず、逆転を許してしまう。

五車の術。喜怒哀楽の心理を操る術。

五つの心理術からなるそれはに真田は見事にはまっている様子。

越前に負けたのに、彼の後はキツイのではないか。

最も恐ろしい型『恐車』によって術は完全に決まったように見える。

フランス代表のメンバー全員がオジュワールの術に翻弄された実績があり、

それを破るのは困難を極める。

オジュワールのサーブを棒立ちで眺める真田。

次の瞬間。真田はリターンエースを決めていた。

知り難きこと陰の如く。

風林火陰山雷の『陰』。

貴様などに俺は翻弄されないと言わんばかりに、反撃を開始する。

この試合に勝てば日本代表の勝利が決まる。

真田はオジュワールに勝つことが出来るのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です