【最新話感想】テリトリーMの住人(21話):怜久は○○した:大丈夫だと宏紀は:放課後デートの後に【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】テリトリーMの住人(21話):怜久は○○した:大丈夫だと宏紀は:放課後デートの後に【ネタバレ込】

A組のアイドル、木ノ下に交際を迫られた怜久。

駒井と恋愛的な雰囲気にならないためだけに、他の色々な女性と付き合ってきたので、今となっては付き合う理由はない。

元々そういうことに興味がなかった上、喧嘩友達のような誰かさんのことも気になっているからだ。

第一印象が嫌じゃなければ告白を受け入れていた怜久にとって、同格の相手というのは断りづらかったのだろう。

だから偶然にもその場に居合わせた瑛茉を捕まえてこう言い放ってしまった。

―――こいつと付き合っているから付き合えない。

結構えぐい女の世界観を描く、南塔子先生の作品において、これは拡散されて噂されるフラグである。

怜久は瑛茉に対してどう責任をとるつもりなのか。

1 怜久は○○した

 

 

 

 

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(21話) より引用◇

怜久は面倒なことを嫌う性格。動物に例えるなら真っ先に猫が候補に挙がるほど。

加えて瑛茉とは、犬猿の仲で遠慮のない間柄。

どう責任を取るのかと言われても、「まぁ、がんばれ」とかいって瑛茉に押し付けてくるのが妥当。返答はもちろん―――

助けるし、である。

1巻当初では考えられない言葉である。時間とは積み重なっていくのだと、深く感じ入る。

他の女の子に興味がわかないっていうのも気になるところ。

謝罪も反省もしないのが怜久らしいとも言える。だいぶ後になってしてはいたが。

2 大丈夫だと宏紀は

 

 

 

 

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(21話) より引用◇

怜久と瑛茉のことは噂になり、学校中が騒ぎ出す。恋愛に興味のない高校生はいない。

となるとやはり出てくるのは宏紀。瑛茉が好きなのは周知の事実なので、ほっとくわけがない。

今は友達がいるので編入当初とまではいかないが、遠くからひそひそ話をされ不安がっている瑛茉に大丈夫と微笑む。

なんて男らしい。実に男らしい宏紀。あの庇護欲全開の子犬のようだった彼が、今や群れを守る狼のようではないか。

噂なんてすぐに消えるよと揺るがない宏紀に、瑛茉もすごいとしか出てこない様子。

「テリトリーMの住人」の最新話が掲載されている別冊マーガレットを無料で読む


テリトリーMの住人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで別冊マーガレットを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 放課後デートの後に

 

 

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(21話) より引用◇

人の噂もなんとやらということで、この騒動も長くはなかった。

宏紀のガード、怜久の支援。

そして駒井も噂をさせないように影で動いて鎮火させていたのも功を奏したのか、すぐにいつも通りと相成った。

というわけで穂積と放課後デートである。

ここではデート経験豊富な穂積が、逆に翻弄されるという珍妙な光景を目の当たりにすることが出来る。

そして決意してしまった。それをたまたま帰りが一緒になった宏紀の前で言い放つ。

もう応援できない。なぜなら俺は――――で次回に続く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です