【最新話感想】テリトリーMの住人(25話):郁磨と駒井の恋愛が決着。他三人は一安心か【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】テリトリーMの住人(25話):郁磨と駒井の恋愛が決着。他三人は一安心か【ネタバレ込】

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(25話) より引用◇

何故駒井をフッて他の女子と呑気に天体観測に行くのか。

駒井と郁磨の状況を聞き、瑛茉は怒りを顕わにした。

当事者達からすれば、余計なお世話な事この上ないが、

意外と本質はついているのかもしれない。

何せお互い好きあっているのだから。それは変えようのない事実。

その確信があったから瑛茉は身を引いた。なのに、この状況である。

・・・うん。やはり余計なお世話という結論に落ち着く。

1 瑛茉は気づいた

悪化しそう、余計なことしないでね。

怜久に指摘され、駒井にラインで制止され、口出しはしたがその場はぎりぎり踏み止まる瑛茉。

そして、後々になって一人で考えた。

諸々のことを自覚し、反省した。

自分勝手、独りよがり。

今回のことでそれに気づいたのは進歩だと思う。

間違えたら次に活かす。何度も同じ失敗をしない。

瑛茉は考えさえすればきちんと正道を歩める心優しい娘なのだ。

2 怜久は先を読む

 

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(25話) より引用◇

瑛茉に駒井に、怜久は各所でサポート力をふんだんに発揮していく。

そして今回のことを機に、自分の恋愛の行く末を想像する。

宏紀との決着の先。

どちらかが瑛茉と付き合った時、荒れるのは必定なのだと。

だが郁磨と同様、仲間内でゴタゴタにしたくはない。

だからといって遠慮する性格でもない。

自問しても答えは出ない怜久。

しかしその時が来たら、彼は全てを受け入れるだろう。

3 一途に悩む宏紀

全体を見ている怜久とは違い、今回はあえて関わらなかった宏紀。

わからないこと、できないことには手を出さない性分なのか。

瑛茉に男として意識されなかったらどうしよう泣きたい。

自分の恋愛のことで頭一杯といった感じである。

他の四人は自分以外の事情にも目を向けている現状において、

やや遅れ気味であると考えていいだろう。

ここにきて年の差が出ている。

少なくとも怜久の方が、瑛茉とより深い会話ができていることは確かだろう。

分が悪い。

「テリトリーMの住人」の最新話が掲載されている別冊マーガレットを無料で読む


テリトリーMの住人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで別冊マーガレットを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

4 心繋げる

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(25話) より引用◇

郁磨が駒井を受け入れる形で決着となり、付き合うことができた二人。

考えすぎな郁磨と、心変わりした駒井。

気持ちについていけなくて、すれ違ったが故に起きた問題はこれにて終幕。

これからは明るい未来が訪れることだろう。

今度はこの二人が瑛茉達の関係に背中を押すのか。

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です