【最新話感想】テリトリーMの住人(27話):怜久の告白は無回答!?瑛茉、宏紀とのすれ違いが多発【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】テリトリーMの住人(27話):怜久の告白は無回答!?瑛茉、宏紀とのすれ違いが多発【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(27話) より引用◇

瑛茉と宏紀にすれ違いが起きる。

右手を怪我した怜久は自分のせいだと責任を感じ、

晩御飯を家まで届けに行ったところを宏紀に見られたのだ。

一度瑛茉に振られた宏紀としては、嫌な想像が頭をよぎっても仕方ないだろう。

肝心の瑛茉は怜久と距離を置きたい様子で、宏紀のことばかり考えている。

誤解で生じた想いの違い。後々までしこりを残さないことを願うばかりである。

1 見て察しろの態度を貫く瑛茉

 

 

 

 

 

◇南塔子先生:テリトリーMの住人(27話) より引用◇

怜久の告白。

瑛茉は最初、エロい目で見られていると勘違いして気持ち悪いと思っていたようだ。

しかし好きと口にした途端にようやく気づく。

だが以降は返事どころか話題にすら上げない。今話では完全に精神的距離を取る。

告白後の帰りではなんか不思議な気分、と嫌いだった時の頃を思い出し感慨に耽っている様子が窺える。

見て察しろと怜久に言っているようで悲しい気分になる。断るのさえ億劫だというのか。

友達として見ていた瑛茉は裏切られたように感じているのだろうか。

今まで積み上げてきた関係が一瞬で崩壊した。男女の友情は複雑だと考えさせられる。

2 陽なたぼっこ宏紀

怜久よりも母親が懇意にしている医者の先生が気になっている瑛茉。

再婚の二文字が脳裏を掠め、不安になっている。

何も知らず穏やかに微笑みかけてくる宏紀に癒しを感じ、

陽なたぼっこのように心の拠り所にしていたが、バスケ部の女子マネージャーが申し訳なさそうに忠告する。

宏紀は監督に期待されていて、大事な試合の前だから試合に集中させてあげて欲しい。

そう言われては何も言えない瑛茉は、その場に立ち尽くす。

まるで神様が、自分の悩みは自分で解決しろと言わんばかりである。

「テリトリーMの住人」の最新話が掲載されている別冊マーガレットを無料で読む


テリトリーMの住人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで別冊マーガレットを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 怜久に悩みを打ち明ける

偶然にも家庭環境が似ていた怜久に、瑛茉は悩みを打ち明けることになる。

万が一再婚したとしても住むところを変えて、物理的に距離をとればいい。

小学生の頃に母親が再婚していた怜久の言葉に説得力を感じたのか、

心の中で踏ん切りをつけ、考えないようにする。

この時の瑛茉は人として、怜久に感心していた。

4 終わりに

何もかも、そしてまたしても怜久においしいところを持って行かれる宏紀。

心は通じ合いつつあるのに、運命が繋げてくれない。

瑛茉との赤い糸は一年分の長さに相当するのだろう。つまり果てしなく遠い。

こうなればバスケ部を辞めて同じ時間を共有するしかないが、

瑛茉はあんまり思われ過ぎるのも嫌っているように見えるので、あまり良いとは言えないか。

怜久の二の舞にもなる可能性がある。

だとすれば告白しかないが、今はその時ではないとか思っていそうである。

瑛茉の視点から見ればもう認めて貰えているのだが、

それを含めてすれ違いか。

怜久が圧倒的に優位に経っているような気がする。好感度は皆無だが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です