【最新話感想】君は春に目を醒ます(15話):2019年LaLa1月号【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】君は春に目を醒ます(15話):2019年LaLa1月号【ネタバレ込】

絃の手を取ったのは弥太郎。

ジンクスの通りに言うなら絃の恋人は弥太郎ということになる。

だが現状、彼は好感度ゼロといっていい程恋愛感情を持たれていない。

三角関係までには発展しそうにないが、

これは何を意味しているのだろうか。

千遥も絃の想いに気づき、関係が進行しそうな兆し。

失恋の前触れか。それとも破局か。

1 弥太郎は筋を通す

ジンクスに後押しされながらも自分の想いは完全に押し殺し、

弥太郎は絃を困らせないように、手を繋いだことは「他意はないから」と告げた。

千遥が探っていることも隠して、盗み聞きしたことだけを伝え、筋を通す。

完全にいじめっ子であった小学生時代と重ならなくなった。

弥太郎を見ていると恋愛物語において、何故か報われない方を応援してしまう謎な現象について再考してしまう。

絃としてこの行動を変なの、ぐらいにしか思っていないところがまた浮かばれない。

やはり絃とのフラグは立たない気がする。

2 ごめんですむなら―――

 

 

 

 

 

◇縞あさと先生:君は春に目を醒ます(15話) より引用◇

絃の想いに気づいた千遥を叱咤する弥太郎。

もう聞き飽きた、泣いているところは見たくない。

二人の問題であるため口出す権利はないが、共感できるところしかないだろう。

ごめんですむ問題ではないように感じる。

千遥はこれを聞いてどう行動するつもりなのだろう。

今回は何も言わなかった。だとするなら悟られない、鈍感なフリを続行するのだろうか。

それでは兄妹みたいから、兄妹ごっこの茶番に成り下がるのでは。

3 千遥の気づき

絃の悲しむことはしないと胸に誓ったように見える千遥。

手を放したことを後悔している雰囲気から、好意を持っていると推測するべきか。

兄妹ごっこなんて付き合った後にすればいいのだとも思うがそれも無理か。

彼女はそんな関係望んでいないのだから。

この作品において恋愛は、友情や家族愛よりも尊ばれることが確立された瞬間である。

それに重ねて弥太郎の失恋が確実なものとなった。

千遥は自分の間違いをしっかりと受け止め、次から生かすことができるだろうか。

次回に期待。

「君は春に目を醒ます」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


君は春に目を醒ます【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です