【最新話感想】君は春に目を醒ます(17話):2019年LaLa3月号【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】君は春に目を醒ます(17話):2019年LaLa3月号【ネタバレ込】

弥太郎は友人の雨村の前で、告白しようかなと呟く。

フラれてさっさと楽になりたいだけだと、

すぐに察した雨村はそれを静止する。

確かに現状、絃は千遥しか見ていない。

しかも千遥は好意に気づいている。

二人が付き合い始めるのはほぼ確定で、心が折れてしまうのも無理はない。

だが、それでいいのか。

最初は嫌いから始まってたが、今は友達の域まで持ち直した。

ならばチャンスはゼロではない。

弥太郎の片思いは途中リタイヤで終わらず続行となるのだった。

1 自省できない

 

 

 

 

◇縞あさと先生:君は春に目を醒ます(17話) より引用◇

とはいえ、エロい目で見てはいけないと思います。

致命的な隙を見せている弥太郎。

教科書を忘れた弥太郎に、見せてあげると親切にしてくれた絃に対して何とも不誠実である。

諦める前に試合終了しそうな勢いの失態。

気づかれなかったから良かったものの、

気づいてしまったら一瞬で友情崩壊である。

自省できない者に慈悲はないし、二度目はない。

嫌っていたという前科がある以上、「キャーエッチィー!」で終わらせられる関係ではないのだ。

男女の友情とはそれこそ張り詰めた一本の糸のようなものだと、

弥太郎が知る日はくるのだろうか。

実に思春期男子らしい一面ではあるけれども。

2 無視する絃

 

 

 

 

◇縞あさと先生:君は春に目を醒ます(17話) より引用◇

小学生の自分は何をしていたのだと弥太郎は思い出す。

絃をいじめた。千遥をヤバい奴だと思っていた。

姉にもクソガキだと思われていた小学生時代。

でも何故か急に絃が反抗しだして、無視を始めた。

もちろん今まで守ってくれていた千遥がいなくなってしまって、強くなろうと決心したからなのだが、

小学生の弥太郎がそれを知る由もない。

知ったのは少し後なのだ。クラスの女子が噂しているのを聞いたらしい。

中学生になっても絃の無視が続いた。

ここからどうやって巻き返すのか気になり過ぎて次回。

「君は春に目を醒ます」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


君は春に目を醒ます【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です