【最新話感想】呪術廻戦(65話):五条悟の過去編開幕!学生時代の出来事を振り返る! | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】呪術廻戦(65話):五条悟の過去編開幕!学生時代の出来事を振り返る!

 

 

 

 

 

◇芥見下々先生:呪術廻戦(65話) より引用◇

虎杖達の一級昇格の任務の前に、物語は五条悟の過去編に突入する。

勿論、五条以外にも歌姫や冥、家入も登場する。

学長じゃない時の学長、1級術師であった時の夜蛾。今は敵として存在している夏油といった珍しい面々も。

なぜこのタイミングで過去編をやるのか。今のところは不明だが、それが明かされるような話の内容になるのか。

1 洋館の任務

洋館での任務で歌姫と冥は呪霊の結界に閉じ込められてしまうが、五条が洋館ごと破壊し二人を救出する。

年上の歌姫にもため口で話す2年生時の五条。彼女を再び襲おうとする呪霊を夏油が倒し任務達成となる。

そこに家入が加わっており、どうやら五条と夏油と家入の三人組で動いているようだ。

男性陣は、女性陣にあまり印象が良くない事が見受けられる。

しかしそれは本音を言える間柄ともいえ、信頼関係はあるのか。

第一印象として全員に現代のような差異はない。あまり変化はないように思える。

2 正論が嫌いな五条

術師は非術師を守るためにあると夏油は言う。しかし五条は真っ向から否定する。

正論が嫌いな彼は、おそらく人間味のない事全般が嫌いなのだろう。

本音と建て前の使い分けが出来ていない。言いたい事を言っているだけである。精神的に成熟しきっていない。

言葉に棘があると言い代えてもいい。現代の五条ならもう少し言葉を選ぶはず。

夏油が本心を言っていない事に腹を立てている可能性もあるかもしれない。

二人は自分の意見を撤回せず戦闘態勢を取るものの、夜蛾が来たことで中断する。

水と油、犬猿と称すのが適切な関係。

3 終わりに

そんな二人が任務があると言う夜蛾。家入は含まれていない。

天元の指名と聞いて二人の顔色が変わる。現在の夜蛾でも様づけしている不死の呪術師。

内容は護衛と抹消。謎が多すぎる任務である。

何故抹消する相手を護衛しなければならないのか。

あまり気持ちのいい任務ではなさそうな気がしてならない。

しかしこれは過去編、五条の価値観を劇的に変えることになる出来事なのだろう。

来週はどうなるか。

「呪術廻戦」最新巻を無料で読む


呪術廻戦【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です