【最新話感想】呪術廻戦(72話):天内が殺される!?夏油、怒る!【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】呪術廻戦(72話):天内が殺される!?夏油、怒る!【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇芥見下々先生:呪術廻戦(72話) より引用◇

五条はトドメを刺されてしまい、生存は絶望的。

そして、次は天内。

星漿体の運命を拒み、彼女が生存を願った時にはもう攻撃を受けた後で。

伏黒父の仕事はこれにて完遂、とはそうは問屋が卸さなかった。

まだ彼がいる。夏油がいる。二人は助からないし、戦う意味もない。

けれど心に残るモノがあるだろう。それが声を上げて叫ぶのだ。奴を殺せと。

怒りと喪失の第3ラウンドのゴングが鳴る。

1 容赦がない伏黒父

首の切断は止めるものの、切り刻まれ倒れる五条。

左肩から右腋下をゴリュゴリュ。右足をザクザクザク。おでこにズドッ。

敗者相手に容赦がない伏黒父。再起の可能性を残さないよう念入りに始末する。

捨て台詞は「少し、勘が戻ったかな」。どうやら全盛期ではなかったようだ。

2 別れ

呪術高専最下層。天内、最後の刻が近づいている。

メイドの黒井とはここで今生の別れ。最後に熱く抱擁を交わす。

大好きだよ、ずっと。私も大好きです。

そんなやりとりを少し遠くで夏油は見ていた。

「呪術廻戦」最新巻を無料で読む

 

呪術廻戦【最新巻】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで単行本を購入する事です。

ちなみに最新話は見ることができないのでご注意ください。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 選択と信念

天元の膝元、国内主要結界の基底の本殿にまで辿り着く夏油と天内。

事務的に説明していく夏油は、光を差し込ませるように唐突に別の選択肢を提示する。

引き返して黒井さんと一緒に帰ろう。

五条と夏油は任務前に話をつけており、星漿体が同化を拒んだ時は、それをなしにすることを決めていたのだ。

自分達は最強なのだと。何とかなるのだと。

どんな選択をしても未来は保障させる。例え何を敵にしても。

天内が特別とか、そう言った話ではないのだろう。

信念。男が定めた自分らしく生きるための志。綺麗にまとめたが、ようは何となく嫌だっただけである。

追い詰められた時こそ本音が出るとはよく言ったもので、天内は泣きながら帰ることを選択する。

夏油が手を伸ばしたその時。

タン、と天内の頭から血が噴き出る。

天内は死亡した。

4 夏油、キレる

現れたのは伏黒父。拳銃で天内の頭を射抜いたのだ。

その事実、その結果は一つの答えに繋がる。

問う夏油に、伏黒父は笑いながら答える。

五条悟は俺が殺した。

殺す意味はなかった。戦う必要はなかった。

夏油はその説明を省き、伏黒父の死を宣告する。

呪霊を出現させ、殺人者の死を望んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です