【最新話感想】彼女、お借りします(55話):和也のプチ金銭問題:和也のプチ金銭問題その2:水原の返答【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】彼女、お借りします(55話):和也のプチ金銭問題:和也のプチ金銭問題その2:水原の返答【ネタバレ込】

前回の番外編から本編に戻ってきた。

内心落ち込んでいるのに強がって見せる水原を励まし、応援すると宣言する和也。

その真っ直ぐな思いに答えず立ち去ったが自宅に帰って1人になった途端、

泣き出す水原の様子から届いていると確信できる。

最初はただの客でしかなかった。だが今後はその関係は変わっていくだろう。

水原はどういう反応を見せるのだろうか。

1 和也のプチ金銭問題

 

 

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度55) より引用◇

ついに1巻の伏線がついにお目見えとなった。

和也が水原にレンタル彼女の代金を支払っていたところを和也の父親『和男』が目撃していたのだ。

尚、和男は水原から金を借りたのではないかと大きく勘違い。

だが和男は別の理由で和也を殴るべきだ。

何故なら大学入学の支度金の100万円をレンタル彼女につぎ込んでいるからだ。

現在はアルバイトの給与で賄っているのか定かではないが、

始める以前はもう全部使っていた。

というか水原を恋人として紹介している時点で、普通に殴って良かったのだった。

和也の嘘つき伝説ここに極まれり。

殴られたのも全部自業自得。

2 和也のプチ金銭問題その2

見かねた和男は、20万円を和也に渡す。

これはおそらく誰にも話していないと推測される。

そんな大金を秘密裏に用意するなんて良い父親なのだろう。若干空回りしているが、事情を知らないのでしょうがない。

断固拒否してこそ親孝行。案の上和也は受け取らなかった。

クズの中のクズの汚名は回避できたと言える。

3 水原の返答

 

 

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度55) より引用◇

ここから本編。前半は前々回からの続きにしては唐突すぎて、物語としての繋がりはほぼない。

和也の励ましに対する水原の返答がこの回の核心である。

もちろんそれはありがとうを措いて他にない。

言い方は悪くなるが、ようやく和也もつぎ込んだ金に見合った報酬が得られたようで

何よりだ。下心を持って関わっているので、まぁ当然。

2人の関係は進み始めた。これよりレンタルではない本当のライクが始まる。

ラブに至るのはまだ先だが、水原もこの作品の恋愛競争に名を連ねることになるだろう。

試しではあるが既に彼女となっている、年下のるか。

振ったくせに思わせぶりな態度を取る、元カノのマミ。

大して会話もできていないが番狂わせの可能性もある、墨。

この三人が脱落していないので、まだまだ物語を閉じるのは先になるだろう。

攻めるのは一体誰からなのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です