【最新話感想】彼女、お借りします(70話):無防備な水原:凶兆【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】彼女、お借りします(70話):無防備な水原:凶兆【ネタバレ込】

和也は水原の誕生日プレゼントを自分で選び、渡すことが出来た。

文面から見るとえらく稚拙に感じるが、男性が女性にする行いの全ての事柄には必要以上の労力がいるのだ。それが好きな人なら尚更。

でもだからこそ意味がある。女性が作った心の関門を突破することができる。

たとえ梅干しという突拍子のない物であっても、嫌いでなければ評価されるというもの。

これでまた一つ距離が縮まった。これに慢心することなくアプローチに励んでほしい。

お礼の言葉があるだろう。広げられる話題が増えるだろう。

誤解はもう解けている。偶然を足掛かりに仲を進展させるがよろしい。

まったく。余計なことをしないか喋らないか、ハラハラさせられっぱなしだぜ、こっちはよぅ。

1 無防備な水原

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度70) より引用◇

理由を用意するでもなく、勘違いを前置きに敷くわけでもない。

ただ感情的に、無防備に和也の言葉を信じる水原。

完全に理性が抜けている。

これでまた関門が取り払われていると証明された。

もはや和也の財産を心配してくる段階である。

近々レンタルデートすら拒否してくるのではなかろうか。

だが和也はそれに気づいておらず、「レンタルするから」と同じ行動の繰り返し。

先に進まないと逆に焦れてしまって、むしろ好感度が下がってくることが懸念される。

進展してくるということは、そういう危険性も加味してくるということ。

和也は更なる勇気を振り絞る必要がある。

例えばレンタルデートじゃないデートに誘うとか、そういった類の。

2 凶兆

水原は大学の友達と飲みに行くといい、和也は幼馴染の木部から飲み会に誘われる。

凶兆とは正にこのことであるのだろうか。

もちろん和也と水原がたまたま出くわすいうのは予想できるだろう。

問題はその先である。ご想像できるだろうか?

同じ大学の人間達。女3、男4の何故か奇数の飲み会。前にもこんなことがあったような既視感。

お、ま、た、せ。その声が今にも聞こえてきそうだ。

これは来る。きっと来る。

七海麻美さんは必ずやってくるぞぉ。

和也は好きな女の子と鉢合わせしたくらいで驚いている場合ではない。

全てを明らかにするためにこの場を設けたのかは分からない。もしかしたら何も言わないのかも知れない。

偶然が偶然を呼んだだけで、何も知らないままやってくる可能性だってある。

だがこれは波乱が起きるだろう。最悪、水原関係全てがぶっ壊れる程の強大な。

もう一度言う。七海麻美さんはきっと来る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です