【最新話感想】彼女、お借りします(83話):実家で和也と水原の誕生会!当日はるかも同行!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】彼女、お借りします(83話):実家で和也と水原の誕生会!当日はるかも同行!?【ネタバレ込】

実家で行われる和也の誕生日会に水原も参加する事となる。

だが水原はちょうど祖母の見舞いと被ってしまい、一時間遅れ。

その代わりかどうかはどうでも良く脈絡なしに、るかが同行する。

もはやお約束と言っても展開。当然の流れ。怖くも何ともない。

異常事態が通常運転になりつつある昨今。いや、もうなってるか。

ここは意外性を期待したい。

前に予想を外したので声を大にして言えないが、今度こそはマミさんが来るのではないだろうか。

1 水原は事前に用意するか

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度83) より引用◇

和也と和也の祖母が誕生日会について議論している最中、

水原はストレッチしながら台本を読んでいる。うむ、素晴らしいアングルである。さすが女優の卵(意味違う)。

誕生日については知らなかったらしく、口頭でおめでとうと言う。

律儀な彼女のことだから、前の誕生日プレゼントのお返しに何か用意するに決まっている。

初期の和也なら「プレゼントは私」と妄想にふける事例。しかしアブノーマルな意味合いでなくても、本当にやりそうではある。

今回のレンタル料金はいらないとか。かわりに普通に遊びに行くとか。

ちなみにこのやり取りは前話の翌日。昨日の今日の話。

他のお客さんの相手はいいの、本当にレンカノしてるの? と思わなくもない。

関係は着実に進んでいて誕生日の大事なイベントで、るかどころかマミさんの存在もちらちらしてて、秘密を打ち明けるには絶好の機会。

つまり何が言いたいかというと、今度こそ何かが終わり、始まりそうな予感がする。

和也の決意のこともあり、大きな一幕となるかもしれない。

墨は不在ですかそうですか。

2 るか、勝ち逃げの可能性

 

 

 

 

 

◇宮島礼吏先生:彼女、お借りします(満足度83) より引用◇

当日。実家へ向かおうとする和也を神速で待ち伏せる、るか。誕生日は会えないと話していたのにまさかの参戦。

慣れてきましたね、二度目ですもんね。加えて隙にねじ込むのも得意という。

一言二言言い訳で、何が起きるのかを察し飲み込んで、準備万端の様子。もう何話すかも決めていそうである。

これどうすんだ、どうなるんだと言わざるを得ない。マミとの一件もあるし、水原と和也の扱いに感情的になるのは明白。

余計なことしか言わないだろう。口塞ぐことも公ではできない。

虚言癖の誤解を解き、持久戦を終わらせ、本命が来る前の一時間のタイムリミットで勝ちきることはできるのか。

和也を追いつめると自白する可能性があることを忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です