【最新話感想】恋を知らない僕たちは(23話):英二ついに前を向く!?藤村も感化されるか!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】恋を知らない僕たちは(23話):英二ついに前を向く!?藤村も感化されるか!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇水野美波先生:恋を知らない僕たちは(23話) より引用◇

恋を知らない僕たちは23話。ようやく話が動き出した。

英二が泉と直彦に向き合う決意を表明したのだ。

直彦の事を想い、目を背け続ける藤村を鼓舞するのがきっかけである。

傷つくだろうし、ちゃんと言ったからといって仲直りできる保証はない。

でも前に進む事はできると。ようやく自分の中で踏ん切りがついたようだ。

藤村もそれを見届けた後、直彦に告白する流れか。

本当の本当に決着となるのか。

1 簡単に拭う事はできない英二と直彦

タカくんの頼みで藤村への連絡を直彦に頼む英二。

だが直彦は部活中でスマホを持っておらず、ランニングの外周りで気にしておくと言う。

英二は意外と普通に話す事が出来て安心した様子。だが少しだけである。

余裕の対応。反射的な優しさ。まだまだ自分との差を感じ、ネガティブな心は消えない。

けれども、遮られた壁が再び開き一本の道が通ったように感じる。

きっと話せれば何でも良かったのだ。

関係はぎくしゃくしてても、積み上げてきた過去は残り続ける。簡単に拭う事はできない。

つまりはそういう事で、見落としがちな事実。

当たり前の光明が、今この時をもって闇を照らし始めた。

2 英二と藤村の始まり

英二は運動場が良く見える場所で藤村を発見する。

藤村は直彦を遠くから眺めたかった模様。だが直彦は外周で、その後は室内での練習。

それを知った彼女は、自分の縁のなさに落ち込む。

付き合っているタカくんの連絡は無視し、諦めている直彦に思いを馳せる。

諦めきれておらず、未練があるようにしか見えない。

英二はそこを指摘した。

でもタカくんが、と言い訳のように引き合いに出す藤村。

自己嫌悪で苦しくなっているのに、更に自分の首を絞めるような凶行に英二は声を強める。

この一連の流れが始まり。

「恋を知らない僕たちは」の最新話が掲載されている別冊マーガレットを無料で読む


恋を知らない僕たちは【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで別冊マーガレットを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

3 他人よりも自分から

中学の時、魅力的な女の子だけを見つめて泉への想いを忘れようとしていた英二。

今の藤村は昔の自分と重なって見ていられない。このままだと同じ道を辿る事になる。

だが藤村の現状を維持しようとする力は凄まじく、言葉だけでは何も変える事はできない。

他人よりもまずは自分からの精神で、英二は自分の現状に決着をつける宣言をする。

勇気の決断。でも藤村が変わる保証はない。寂しい話である。

しかし他人はどうあれ、英二は変えられるかもしれない。

直彦とはいつもの関係に戻れるのか。泉は許してくれるのか。

期待して、震えて待つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です