【最新話感想】終わりのセラフ(72話):シノアの乱れ:最も効率的な救いのピース【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】終わりのセラフ(72話):シノアの乱れ:最も効率的な救いのピース【ネタバレ込】

黒鬼であるグレンと深夜を圧倒する柊暮人。

いくら強いとは言ってもこれほどの差はなかったはずである。精々グレンよりわずかに強い程度の実力だったと記憶している。

何があったのかと問うグレンに暮人が返答するより前に、何か取り憑いていると真昼の夜が口にする。

暮人以外誰にも見えてはいないが、暮人の背後には四鎌童子の姿があった。

柊天利に、柊家の当主格に、取り憑いている吸血鬼の第一始祖。

強大な存在の抑制ができていない暮人は、誇りも矜持も捨て去って裏切り者のグレンに頼み込む。

グレンに暮人を助ける方法はあるのか。

1 シノアの乱れ

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(72話) より引用◇

同時刻、同じ場所。同じモノを内包している柊シノアは、四鎌童子に呼び出され自身の内面世界に没入する。

それから始まったのは舌戦だった。

交渉したい四鎌童子、突っぱねるシノア。

しかしどうにも優に関わりのあることになると動揺し氷の壁が融かされていく。

最後には黙れとしか言えてない。・・・ベタ惚れですやん。

だが実際、心の壁を下げたら本当に乗っ取ってくるのか。

答えはイエス。四鎌童子は暮人よりもシノアを乗っ取るつもりでいる。

逆に考えるとシノアに乗っ取らせれば暮人は救われるのか。

ヒロインがラスボスクラスのキャラに利用される作品はあるし、そういう展開もこれから起こりうることかもしれない。

終わりのセラフの最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


終わりのセラフ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 最も効率的な救いのピース

 

 

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(72話) より引用◇

方法があろうがなかろうが、お前は救う。これがグレンの方針である。

現在、暮人を救う方法は発見されていないが、方法はありそうではある。

第二ラッパ吹き、塩の王の出番かもしれない。

薬で抑えられるものではないだろうし、実験体を使って調査するのが最も効率的な救いのピースだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です