【最新話感想】終わりのセラフ(73話):似たモノ同士:時を超えての邂逅【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】終わりのセラフ(73話):似たモノ同士:時を超えての邂逅【ネタバレ込】

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(73話) より引用◇

家族の為なら何でもする優とミカエラが研究所にやってきた。

大勢相手に勝てなかったのか、わざと捕まったのか。監視をしていた兵士に喧嘩を売り、逆に拘束されロープでぐるぐる巻きに。

本来なら、冷酷な柊暮人に実験体にされる場面だが、状況が状況なので不問となるのだろう。むしろ望むところなのかもしれない。

何せそのために来たのだから。人間に戻る方法を知る。それが2人の最優先事項である。

暮人とシノアの問題も、優を調べれば何か手がかりを手に入れられるかもしれない。

1 似たモノ同士

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(73話) より引用◇

協力すると言っておきながら、シノアが暮人と同じバケモノに憑りつかれていると知った途端、そっちが気になり始める優。

話が脱線に脱線を重ねられて早速、計画遅延の流れ。自覚なしにロープを天使の力で引きちぎり、病室へ赴く。

自分のこと、ミカエラのことはひとまず後回しにすると今決めたのか。直接シノアに問いただす。

しかしシノアは、私は大丈夫とでも言うように優と似たような笑顔ではぐらかした。

同じく子供の頃からバケモノが内包していた二人は断り方もちょっと似ていた。

俺は俺は、私は私は、と肝心な時に距離を置こうとする所も追加しておく。

その様は相棒のようで、男女の仲には程遠い。進展はまだまだしないだろう。

終わりのセラフの最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


終わりのセラフ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 時を超えての邂逅

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(73話) より引用◇

数千年の時を超えて出会ったシカマ・ドゥとアシェラ・ツェペシ。

シカマ・ドゥが優の内面世界に侵入したのである。

アシェラは何か思い出すかと思われたが、今のところ変化はない。

天使と鬼が向かい合っている異様な姿だが、その時間はすぐに終わる。誰でも土足で人の心に入って来られたら、不快になってくるからだ。

そして戦いが始まる。シノアに指摘され、優も没入し参戦する。

ここに因縁の深い三人が揃う。

第一始祖相手に優とアシェラには勝ち目はないようにも見える。

少なくとも、ここで何も知らされないまま決着とは行かないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です