【最新話感想】終わりのセラフ(74話):出自よりも大事なモノ:本命はシノア【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】終わりのセラフ(74話):出自よりも大事なモノ:本命はシノア【ネタバレ込】

第一始祖シカマ・ドゥ。優と阿修羅丸。

この三人が数千年の時を超えて再び集った。

どういう関係なのかは詳しくは描写されておらず、ただ関わりがあるということだけ。

優と阿修羅丸は記憶がない。ということは転生した可能性もあるのか。

二人は事情が分からず、襲ってきたシカマ・ドゥに対して迎撃の構え。

しかしラッパを持つ王をも超えた力を、持っているかもしれない最強クラスの相手を前に、為す術はあるのか。

1 出自よりも大事なモノ

 

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(74話) より引用◇

己の出自が気になる優の思いにシカマ・ドゥは付け込んだ。

親に悪魔の子と否定され、その身に【塩の王】を宿す、明らかに普通でない自分。

気になるのは当然であり、そこから心に隙が出来ても無理はない。

だが優は跳ね除けた。もはやこの身は虚ろではなく、一人の人間であることを知っているから。

ミカもグレンも戻ってきて、仲間も家族も出来た優に付け入る隙などない。

大事なモノはここにあると、そう言わんばかりに発した言の葉は何よりも強いことを証明する。

それにしてもいきなり洗脳とか、やることが狡いように感じるシカマ・ドゥ。

殺す気があるのかないのか。それすらもその飄々とした態度からは読み取れない。

終わりのセラフの最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


終わりのセラフ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 本命はシノア

 

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(74話) より引用◇

シカマ・ドゥの本命は優と阿修羅丸ではなく、柊シノア。

優がピンチになれば隙を作るだろうと策を弄した。

結果シノアは抵抗虚しく取り込まれてしまう。

真の目的は彼女の体を乗っ取り、自分が現世に介入することなのか。

柊暮人よりも優先したということは、適性はこちらの方が上ということになる。

これでは吸血鬼になると口にしたミカエラを見て、その情報は確実と言っていい。

シノアは人間から真祖になるのか。それともそうなるように始めから作られていたのか。

そして真祖の出現を感じた他の吸血鬼たちは、東京に集結する流れとなった。

その戦力差は比べるまでもない。

ありえない現象が立て続けに起こり、目まぐるしく物語が二転三転する。

なんだか雲行きは怪しくなってきて次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です