【最新話感想】終わりのセラフ(79話):アシェラはユウに血を貰う!グレン、二度目の裏切り!? | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】終わりのセラフ(79話):アシェラはユウに血を貰う!グレン、二度目の裏切り!?

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(79話) より引用◇

いよいよ全勢力が集合しようとする中、グレンと真冬は全員を裏切るための行動を開始する。

時が来たのだと真冬は言い、渋々といった様子でグレンは返事をする。

これも人類を救うためだろうが、二度目の裏切りになり後がないのは明白。

誰が出し抜き、誰が勝利するのか。その結果は実際に見てみないと分からない。

ただ物語の終焉を予感させる戦いである可能性は低くない。

グレン、真祖、斉藤、ウルド、そして帝鬼軍。

かつてないほどの死闘が幕を開ける気がする。

1 ユウの血を与えるシカマ・ドゥ

アシェラの回想。天使化したユウを見てしまったアシェラ。

すぐさま止めに来たシカマ・ドゥはユウに語りかける。

止まれるはず、そう調整した。天使化に対抗する術を彼は研究していただろうか。

だが、制止も虚しくユウはアシェラを殺害。左手で心臓を一突きにする。

そのまま天に昇り、人間への憎悪を口にするユウ。

シカマ・ドゥはユウと同じ方法で空を飛び背後から彼の首を刎ねる。

そして二人は地面へと叩きつけられる。ユウは死亡しているが、アシェラはまだ存命していた。

落下する前にユウの血を飲んだからだとシカマ・ドゥは気づく。

血に適合した事でアシェラに興味を示し、その上で自分の血かユウの血か、どちらを与えるか迷うシカマ・ドゥ。

結果ユウの血を与える事に決めたシカマ・ドゥは、首だけになったユウを持ちアシェラに与えた。

彼は生還する。

終わりのセラフの最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


終わりのセラフ【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

2 吸血鬼化したアシェラ

アシェラは目が覚めると喉が酷く乾いた。

その場にいたリーグとウルドを捨て置きシカマ・ドゥの元へ向かう。

説明を求めているのだ。渇き、五感の鋭敏化について。

気配を辿り、遠くにいたシカマ・ドゥの元に着いたアシェラ。

そこは実験場だった。多数の巨大なカプセルの中に黒い塊が入っている。

ユウの頭上にもそれがあった。彼の首は繋がっていたのだ。

問い質すアシェラに、またも曖昧な返答をするシカマ・ドゥ。

まともに受け答えはせず、アシェラにやりたい事はないのかと訊く。

アシェラのやりたい事は、クルルを捜し出す事。

しかし返答する前に物語は現代へ戻る。

3 各勢力の行動

アシェラを真祖から救うために渋谷へ向かうクルル。

百夜教は、リーグ(斉藤)は、優を池袋の研究室に運ぶように指示を出し、帝鬼軍を壊滅しつつ真祖を拘束しようと動き出す。ミカエラと新しい名称「アテン神」をウルドや真祖から引きはがすのも目的の一つに挙げる。

シノアの体を操っている真祖は、リーグの気配に気づき移動を開始。結果、戦闘中の帝鬼軍は放置される。

クローリーは助かったと楽観的。

帝鬼軍は百夜教に応戦の体勢。柊暮人は終わりのセラフを起動させるように葵に命令する。

そして、グレンと真冬はその全ての勢力を出し抜こうと単独で行動する様相を示すのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です