【最新話感想】終わりのセラフ(81話):真祖とリーグの戦い開始!グレンは人格を変える!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】終わりのセラフ(81話):真祖とリーグの戦い開始!グレンは人格を変える!?【ネタバレ込】

 

 

 

 

 

◇鏡貴也先生・山本ヤマト先生・降矢大輔先生:終わりのセラフ(81話)より引用◇

真祖とリーグの戦いが始まる。

百夜教の者達全員の力を吸い取り、力を増すリーグ。

その間に妹を連れて逃げる君月と与一。

ミカエラは優を追い外へ。優も目覚めて自分が拘束され、連れ去られていることに気づく。

そして、グレンは本格的に裏切りを開始するために呼び起こす。

もう一人の自分、おそらく以前優を突き刺した時のグレンだろう。

何をするのか。どう裏切るのか。

1 統一呪

2000年ぶりの再会で思うところがあるのか、戦闘を開始する前に会話をする真祖とリーグ。

目的は真祖の拘束。実力が拮抗する日々を待ちわびていた。

そう言うリーグを笑う真祖。弱いと口にしているあたり何か余裕のようなものを感じる。

そこへバステアともう一人の吸血鬼が現れる。準備が整った事を伝える。

統一呪。作中で初めて聞く単語。

胸の中心に札を張り付けて、それを起動させた。

それにしても格上の相手と話す時の態度のリーグが、フェリドとそっくりである。さすが親子。

2 フェリド組は探す

統一呪は百夜教と戦闘をしていたフェリド組の戦いにも影響が出ている。

鎖で胸を貫かれる百夜教の人間達。しかし脈拍はあり、生きている確認が取れる。

何も知ることができないフェリド組は、グレンと合流することを決める。

次元槍の男を抱えて、彼を探す。



3 妹を連れて離脱

統一呪は力を吸収するモノだと真祖は看破する。

しかし殺す気が起きないのか興味がないのか。リーグを無視し天使である君月の妹を連れていこうとする。

真祖の右手に鎖が絡みつき、リーグは君月を妹の逃がそうとしている。

新宿方面に仲間がいるから合流をと言い、やけに良心的。

与一の登場で君月は行動を開始。妹を抱えその場から離脱。

4 真祖とリーグの戦い

君のところへ行ったって実験台にするんだろ。僕はそんなことしませんよ。

その首どうなってるの。ある朝起きたらこうなってました。

切ったら死ぬの? はい死んじゃいます。

真祖の質問にまともに答える気がないリーグ。

本当に首を切っても死なないあたり、本当にまるごと嘘のようだ。清々しささえある。

真祖は嘘つきと言いながら鎖を避け、外に出て翼を展開し飛行。

リーグを見やると、彼の前には頭部だけの獣が六体並んでいた。

描写が見えないので何ともいえないが、きっとリーグの体から出てきたモノだろう。

真祖はこれを黙示録の獣と例え、リーグは真祖を天使のようだと答えた。

両者は切ないような何とも言えない表情のまま、一斉攻撃を開始する。

空にはでかでかと爆炎が出来ている。



5 優を追うミカ、目覚める優

爆炎を見上げながら、ミカエラは優を探している。

何も分からないがとりあえず彼優先なのは相変わらず。

渋谷北側。優も目覚めた。

百夜教の人間に自分を連れて逃げていることを問うが答えは返ってこない。

ミカエラは優の気配に気づきマンションの最上階を飛び越え、彼の元へ急ぐ。

6 グレンと真冬

笑うような表情で、グレンに裏切りを強いる真冬。

目を閉じたら一瞬で変わる。それを覚悟でグレンは目を閉じる。

人格が反転し、残虐性を帯びることになるのか。

誰も彼も裏切りの対象にして、再度動き出すのか。

グレンの目的が今、果たされようとしているのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です