【最新話感想】赤髪の白雪姫(100話):2018年LaLa10月号【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】赤髪の白雪姫(100話):2018年LaLa10月号【ネタバレ込】

久しぶりに集まった五人の休暇は続く。

風呂でオビとミツヒデが交わした内緒の会話。

それは白雪とゼンが、二人でゆっくり過ごせるための部屋を用意する計画だった。

そんなことしなくてもやることは隠れてしているわけで、当人達からしてみれば単なる杞憂である。

迷惑じゃないけど、余計なお世話とは言わないけど、嬉しいけど。

語尾に終助詞を付けたくなる、むず痒い気遣いなのは間違いない。

感謝はしているだろうけど。

1 騎士三人の優しい気遣い

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(100話) より引用◇

旅籠(はたご。旅館のようなモノ)に来て早々にネタばらしをする、どこかの騎士三人。

白雪もゼンもなんとなく気づいていたところを見ると、

やはりこういう作為的な誘導はすぐに察しがつくということが分かる。

どこかの少女漫画なら、すぐにイエローカードにしてたまである。

こちらは複雑な恋愛事情ではないし、優しい世界観だから安心して見られる。

話を戻すが、二人は素直に気遣いを認めるのであった。

2 食事を取る白雪とゼン

優しい導きに従い、ゆっくり食事を取る白雪とゼン。

次々に美味しい料理が出てくる采配に、オビが下調べしたのだろうと二人は予想する。

リリアス常駐でリリアスの宿の料理に詳しいオビに謎めく、と白雪は言っているが、

きっと趣味と実益も兼ねて情報収集していたと推測。

人当たり良く、生き抜く力に秀でている彼だからこそできることだと思う。

3 任期も少し

お膳立ての影響もあって、二人きりの空間に緊張している。

食事も終わり、会話に割く思考が整った現状、意識するのは当然である。

旅籠用の寝巻に着替える時なんかは特に。描写はないが。

騎士との訓練。リリアスに馴染んできた話。そして、任期の話。

色々あったけどリリアスが好きで、ゼン達と一緒にいるのも楽しい、と言う白雪。

任期まであと少し。それがあとどのくらいかは分からないが、実りのある二年間だったと言うことが分かる。

4 五人での夜

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(100話) より引用◇

室内で楽団の演奏が始まり、部屋を出て見るとそこには例の三人の姿があった。

最初から、頃合いを見計らって男女別にして泊まる算段だったのだ。

こそこそ息を潜んで別の部屋に、隠れるように潜んでいたというオチ。

五人での夜はこれから始まる。

それは一瞬に思えるほど短くて、でも煌くような楽しい時間となるだろう。

描写はないが。

「赤髪の白雪姫」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


赤髪の白雪姫【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です