【最新話感想】赤髪の白雪姫:99話(LaLa9月号)【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】赤髪の白雪姫:99話(LaLa9月号)【ネタバレ込】

リリアスに五人が揃って四日。

白雪、ゼン、オビ、ミツヒデ、木々は束の間の休日を過ごしている。

いつも通りに過ごす白雪、羽を伸ばすゼン、少し浮き足立っているオビ、普段より楽しげなミツヒデ、自然と肩の力が抜けている木々。

まるで少し前のウィスタルの日々のように細やかで平穏な日常。

近いうちにまた離れることが分かっていても、今この時を慈しむように五人は同じ場所に集い生活を送る。

1 視界が晴れているオビ

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(99話) より引用◇

午前は白雪たちと掃除をして、午後からは雪かきして、その後ミツヒデと風呂に入る。

ただそれだけのことなのに妙に楽しげなオビ。

休日にも関わらずこの生活を一番満喫しているのは彼かも知れない。

元々孤独に生きてきたからこそ分かる昔と今の違い。

仲間が出来て主が出来て、その成長と変化を見守れる。それを楽しんでいるように感じる。

昔のオビが見たらどう思うだろうか。

否定するか、肯定するか。

2 ゼンは鍛える

 

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(99話) より引用◇

ゼンはゼンでやりたい放題である。

騎士兜を被って身分を隠し、騎士たちと鍛錬。

遠慮せず全力で打ち合おう。罰は一切ない。

それもう殿下だと言っているも同じである。

そう言われて本気を出して怪我させて、打ち首になった者は歴史上に沢山いる。

ゼンなら絶対しないと分かっていても、身を竦んでしまうだろう。騎士たちに同情する。

好奇心猫を殺す、とはいかないまでも疲弊させていることは間違いない。

良い所と悪い所を同時に発揮していくゼン殿下なのでした。

3 ミツヒデと木々の距離は

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(99話) より引用◇

雪かきしてオビと風呂屋に行ったミツヒデ。

白雪とリュウと食事をした木々。

悩みがなくなって眠れるようになった。心の均衡を保たずとも自分を出せるようになった。

二人の関係は緩やかに、だけど大事な人として、変わらない絆と変われる自分を受け入れていく。

道は交わらなくても、傍に近くに在り続けるパートナー。

だがミツヒデはともかく、木々はこれからどうするのだろうか。

家の都合上、一生独り身で過ごすわけにもいかないから、他の男性と結婚するのか。

悲しくはないけれど、どこかほろ苦い決着である。

4 白雪は今を過ごす

 

 

 

 

◇あきづき空太先生:赤髪の白雪姫(99話) より引用◇

薬室の掃除。木々とリュウとの食事。そして風呂。

ゼン達が近くにいることを噛みしめるように、今を過ごす白雪。

あと数日だけ、ゆっくり過ぎるといい。

そう願って今を生きる。

その思いと反し、大事な時が瞬く間に過ぎるとしても願わずにはいられない。

溢れんばかりの親愛である。

期限が来たらオビと二人の、少し物足りない生活に戻る。

それでも毎日をどう生きていくかで、再会できる早さが変わっていくことだろう。

「赤髪の白雪姫」の最新話が掲載されている月刊LaLaを無料で読む


赤髪の白雪姫【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントで月刊LaLaを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です