【最新話感想】進撃の巨人(112話)後編:思いを託されているリヴァイ:今回の謎【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】進撃の巨人(112話)後編:思いを託されているリヴァイ:今回の謎【ネタバレ込】

壁外でジークの監視しているリヴァイと兵士達。

エレン派が壁内を支配したとの一報を受け、

ピクシス司令がどう動くかも聞かされたリヴァイは、

ジークの「獣の巨人」を他の者に継承させることを決断する。

エレンを人類の希望だと信じ、命を散らしていった仲間の思いを茶番にしたくない。

そんな気持ちからくる決断をした矢先。

リヴァイが一瞬だけ目を離した隙にジークは逃げながら雄叫びを上げた。

天から墜落するように現れる巨人達。

その正体は言うまでもなく、リヴァイと共にいた三十人の兵士達であった。

1 思いを託されているリヴァイ

 

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第112話) より引用◇

死んでいった者たちの思いを託されているリヴァイ。

人類最強故に生き残り、目の前で仲間の死を大量に見続けてきているからこそ彼は最後まであがき続けるのだろう。

視点、立場、背負っているもの。それを総合したら、もはや今は主人公のエレンよりも主人公らしい。

最近のエレンは読者の知らない思惑で動くことが多く、感情移入しづらい。

その分リヴァイが物語の牽引役として頑張っていてくれて何よりである。

正直、三十体の巨人とジークの力を合わせてもリヴァイに勝てるとは思えないが、

序盤から出てくる最強クラスのキャラクターは生き残れないことが多い。

エルヴィンとの約束を果たすべく、是非エピローグまで生き残って欲しい。

2 今回の謎

 

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第112話) より引用◇

リヴァイはなぜ巨人化しなかったのか。

ワインを飲まなかったからだろうか。警戒心が人一倍強い印象があるため、これが一番有力な可能性が高い。根拠はないが、下戸っぽい。

あとはアッカーマンも関係しているのかもしれない。

エレンの言葉から察するにアッカーマンは巨人の一端であることから無効化できたのか。

ジークはどこへ行くのかというのも謎である。

二回とも負けているし、戦わないで逃げると思われる。

今回は謎が多く見応えのある内容だった。

次回へ続く。

進撃の巨人」の最新話が掲載されている別冊少年マガジンを無料で読む


進撃の巨人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、別冊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です