【最新話感想】進撃の巨人(113話)前篇:ジークの浅ましさ:犠牲の上での経験【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】進撃の巨人(113話)前篇:ジークの浅ましさ:犠牲の上での経験【ネタバレ込】

部下の兵士30名が巨人化し、30体の巨人が敵となった。

絶望的と言ってもいい凄惨な状況。

これを切り抜けられる者は、巨人化能力者を含めてもそう多くないだろう。

加えてジークの力が働いているみたいで、並みの巨人よりも動きが速い。無論、奇行種。

女型の巨人を相手にした壁外の森の巨木でさえ、易々と登ってくる。

さすがのリヴァイでもこれは。

1 ジークの浅ましさ

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第113話) より引用◇

ジークはリヴァイの良心につけこんで、煽る。

部下を殺すことになるけど、いいのかと。

お前は血も涙もない殺人機械じゃないよな、と迷いを生ませるための作戦。

そして上手く切除すれば、まだ助けられるかもしれないという希望も織り込み済みなのだ。

でも、そこまで有利な状況にも関わらず一目散に逃げ出すジーク。

それで程度が知れた気がする。

まぁ、平地でも敵わないのだから森の中で勝てるわけがないのだが。

心臓を捧げている覚悟の差が如実に表れた場面。

結果は―――

2 犠牲の上での経験

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第113話) より引用◇

当然、リヴァイの勝利に終わった。

首を硬化しても雷槍に突かれて、瞬殺。

またしてもジークはリヴァイに敗北した。

それにしても、仲間を切り捨てるこの合理性。

自分で何もかも決められる立場だと、こうも違うのか。

女型の巨人の時も、今回のように攻めの姿勢で臨んでいたら、犠牲はより少なくできたかもしれない。

むしろそれを踏まえての今なのか。

だとすれば失敗を忘れずに、次に活かしたということ。

どれだけ犠牲にしてきたか、とはかなり重い言葉である。

進撃の巨人」の最新話が掲載されている別冊少年マガジンを無料で読む


進撃の巨人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、別冊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です