【最新話感想】進撃の巨人(113話)後篇:意味はないとは言えないけれど:リヴァイの目的は予定通り【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】進撃の巨人(113話)後篇:意味はないとは言えないけれど:リヴァイの目的は予定通り【ネタバレ込】

ジークの独り言で、

世界中の戦力がパラディ島に集結しつつあることが確定した。

この世界の総人口がどれ程になるのかはわからないが、

エルディアの戦力だけでは対抗は難しいだろう。

それこそ全員が巨人になるくらいの覚悟を持たないことには、勝利は掴めない。

全部このためにエレンやジークは行動していたのか。

なんにせよ何か奇跡でも起こさない限り全滅は免れない。

1 意味はないとは言えないけれど

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第113話) より引用◇

壁外ではそんな一大事が起きているとは露知らず、

訓練生に巨人のうなじを斬りつける練習をさせるシャーディス。

知らないとはいえこれは遅すぎる。訓練生の不安も分かるというもの。

いやでも、シャーディスの立場上何も言えないので仕方がない。

彼だって一教官。上の命令には逆らえない。

それに意味はなくはない。仮にジークの言う通りに動いて、

多数の人間が巨人化して対抗して勝利を治めたとしても、どれ程のエルディア人が生き残るのかを考えたら、

まだ道を模索すべきだと思う。

巨人化させて混乱を起こそうとしている辺り、最善の選択をジークがし続けているとは思えない。

巨人に対抗する術は知っておいても損はない。

今更何を言っても遅いのだけど。

エレン派に唆された訓練生に、ボコボコにされるシャーディス教官は、

ヘイトがわざと自分に集まるようにしたのかもしれない。

2 リヴァイの目的は予定通り

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第113話) より引用◇

ジークを捕まえ森を出て、どこかに移動を開始するリヴァイ。

イェーガー派の誰かに「獣の巨人」を食わせ、ヒストリアの子供を食べてもらう。

その目的を果たそうとしているのか。

今となってはそれは最善と言えるのだろうか。

でもリヴァイも今の状況を知らないことから仕方ないと言えるが、

散って行った仲間の思いを大事にし過ぎるあまり、

もう形振り構っていられないといった姿勢である。

冷静さを欠いているのかもしれない。

このままではイェーガー派との衝突は回避できないと言っていい。

血に塗れているリヴァイの道。ここにエルヴィンがいてくれたら、

もっと最適な手段をとれたのではと思わずにはいられない。

進撃の巨人」の最新話が掲載されている別冊少年マガジンを無料で読む


進撃の巨人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、別冊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です