【最新話感想】進撃の巨人(115話):ジーク再生復活!リヴァイ生存の可能性!?【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】進撃の巨人(115話):ジーク再生復活!リヴァイ生存の可能性!?【ネタバレ込】

雷槍で爆発したジークの半身が復活した。

意識もちゃんとあり完全回復といった様子。

リヴァイの生存が危ぶまれているが、生死の確認の前にハンジが抱えて逃亡する。

ということはまだ生きている可能性もなくはないか。

ジークを助けた少女。

ガビを利用しに来たエレンに銃を突きつけるピーク。

謀らずもジークの都合のいいように進み、安楽死計画は順調の模様。

物語は本当にエルディア全滅エンドへと直行してしまうのか。

1 巨人であった少女

 

 

 

 

◇諌山創先生:進撃の巨人(第115話) より引用◇

少女は最初巨人として姿を見せる。

地を這いずっていたので、足の機能は働いていない不完全の巨人という事になる。

そして自らの腹を裂き、ジークをその腸に入れた。

するとジークの下半身を再生して復活し、その少女巨人は蒸発して消えるという流れ。

ジークが少女と評したのは、意識不明時の夢のような場所で少女の姿をしていたから。現実で見たわけではない。

奇行種かどうかは不明だが、森の方角から現れているので、リヴァイと交戦になった時の地鳴らしの影響で巨人になったと思われる。

まず兵士に紛れていた女性の線が考えられるか。ピークのような潜入した人物で、エレン派のエルディア人と推測することもできる。

近隣にある村の少女が助けた可能性は限りなく低い。脊髄液の説明がつかないからだ。興味本位でワインを口にして、巨人化したままジークを助けに行くという事になってしまう。

2 ハンジは離脱

雷槍の爆発を至近距離で受けた。だから死んでいると周りに説明するハンジ。

だが脈拍確認をさせる前に川に飛び込んで逃走する。

再生したジークの様子に気を取られていた隙をついたのだ。

これでリヴァイ共々、ハンジは行方不明となった。

発砲した兵もいたが、こういう場合まず当たらない。創作物的法則である。

怪我の具合からして治療は困難のように見えるが、もしかして巨人化させるのか。

3 ピークは銃口を向ける

ガビを助けに来たのか、エレンを捕まえにきたのか。

もう一人いた衛兵の喉元にナイフを突き刺し、エレンに銃口を向けるピーク。

潜入している人間がいる事実。それでもうピークだけの線は消える。

同じような人間がいても不思議ではない。

ここでエレンを殺すようなことはしないだろう。それなら真っ先に殺しているからだ。

人質にでもする気か。

来月号に続く!

進撃の巨人」の最新話が掲載されている別冊少年マガジンを無料で読む


進撃の巨人【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録すれば貰える無料ポイントで、別冊少年マガジンを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です