【最新話感想】青の祓魔師(108話):ジェニの最後の言葉:サタンは捕まる:青い稲妻作戦【ネタバレ込】 | 二次元感想レビュー録

【最新話感想】青の祓魔師(108話):ジェニの最後の言葉:サタンは捕まる:青い稲妻作戦【ネタバレ込】

魔王サタンでも愛情には勝てなかった。

止めに来たユリを払いのけることもできず、

それどころか抱きしめる始末。

暴虐性はなりを潜め、大人しくなったサタンは研究所を捨てると宣言する。

限られた命。好きな所で、好きな女と、好きにするために。

1 ジェニの最後の言葉

サタンの替えの服を探し回っていたユリは、

友達のジェニと思わぬ再会を果たす。

候補生の時の仲間。だが疎遠になって連絡はほぼなかった。

セクションで働くことになって、モリナスの契約書のおかげで、

何も話すことが出来かったとジェニは語る。

セクションは地獄のようで、後悔していると。

サタンの宣言をユリは話した。

そしてジェニは決意した。セクションを公にして実験体の子供たちを逃がしたい。

それが今、自分がしたいことで、何もしないで後で後悔したくない。

ジェニの意思はユリの心に伝わった。

そしてそれが、そのまま最後の言葉になるのだった。

後にジェニは、悪魔の研究が続けられないと困る研究員に撃たれることとなる。

2 サタンは捕まる

 

 

 

◇加藤和恵先生:青の祓魔師(108話) より引用◇

いざ脱出の時。

だが外に出られるルートで、祓魔師に待ち伏せをされるユリとサタン。

ユリの説得も意味をなさず、抵抗するサタンも力尽きた。

二人は捕まり、少ない余生を一緒に過ごす約束も果たせないまま、

逃避行は終わった。

3 魔剣・倶利伽羅

ユリは処刑されなかった。

サタンの子を身ごもったことで、超能力が発現し、

祓魔師では手におえなくなったためだ。

悪魔の子を身ごもった女性は皆持っているらしい。

しかし子を産んで、へその緒を切ればそれも消える。

その時に祓魔も完了させるのが騎士団の目的。

そしてそれを行うための武器が倶利伽羅。

炎と親和する魔剣。燐が持っている武器である。

メフィストからその回収作戦の提案された師郎。

即答して加わる。

ユリの子供を自分の手で殺すために。

4 青い稲妻作戦

 

 

 

 

◇加藤和恵先生:青の祓魔師(108話) より引用◇

倶利伽羅を手に入れた獅郎。

喜び勇んで、青い稲妻作戦を執行するためにゆりの元へ向かう。

どうやらサタンがユリに妊娠させたことを根に持っている様子。

青い稲妻作戦とは、ユリから生まれてきたサタンの子を祓魔させるための作戦である。

しかし作戦のことを知っているのか知らないのか、ユリは守る気でいる。

そうして破水が始まり、獅郎が剣を抜く。

お前を救ってやる、そう言葉を添えて。

「青の祓魔師」の最新話が掲載されているジャンプSQを無料で読む


青の祓魔師【最新話】が無料で読める方法があります。U-NEXTに登録して、貰った無料ポイントでジャンプSQを購入する事です。

31日間の無料期間があり、その間に解約すれば0円です。

ついでにアニメ、ドラマ、映画も一緒に視聴してみてはどうでしょうか。

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

5 終わりに

獅郎が面倒を見ることになるヴィジョンが想像つかない。

むしろ殺す気満々なんですがそれは。

勝呂父が言っていた通りの展開になるのだろうか。

ユリは死亡確定の模様で、サタンもそのことを恨んでいそうで。

どう収拾をつけるのか見当もつかないまま次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です